受動喫煙防止法でもたばこが吸える居酒屋が分かる喫煙所情報共有マップ

受動喫煙防止法でもたばこが吸える居酒屋が分かる喫煙所情報共有マップ

改正健康増進法や東京都受動喫煙防止条例の施行によって、喫煙の規制は厳しくなる一方ですが、ルールを守ればまだまだたばこを吸える場所は見つかります。
喫煙所情報共有マップは、たばこを吸っても大丈夫な場所がひと目で分かる、スマホアプリを中心としたサービスです。

受動喫煙防止法

世界的には受動喫煙防止法を施行する国が増えていて、日本も追従する形で着々と取り組みが進められています。
日本国内では、段階的に規制が進められている状況で、特に学校や飲食店、宿泊施設などのルールが先行して定められました。
つまり、居酒屋でもたばこを吸える可能性はあって、喫煙所情報共有マップを使えば簡単に把握できるわけです。

たばこが吸える飲食店

飲食店店内での喫煙は確かに原則禁止ですが、実は例外も存在していて、例外に該当する条件なら受動喫煙防止法の規制を受けずに済みます。
居酒屋の場合は客席面積が100m2以上の大型チェーン店で、資本金が5千万円以上の会社が経営するお店といった条件があります。
また、2020年4月1日以降にオープンしたお店の条件も満たせば、喫煙専用のスペースでたばこが吸えます。
このように、受動喫煙防止法の規制が進む中でも、喫煙できる居酒屋は存在することを意味します。
全体的な数は減少傾向にあるものの、喫煙可能な居酒屋はありますから、諦めてしまうのは早計です。

たばこが吸えるお店を探すには

しかし、受動喫煙防止法を理解したり、例外に該当するお店を探すのは手間が掛かります。
そんな手間を解消してくれるのがまさに喫煙所情報共有マップで、アプリを使えば喫煙できる居酒屋は一目瞭然です。
喫煙所情報共有マップは基本料金が無料で、iOSとAndroidでも使えるアプリが提供されています。

今後も喫煙者の風当たりは強くなると予想されますが、当面はこのスマホアプリで喫煙所を見つけて利用するのが得策です。
受動喫煙防止法

たばこが吸えるお店をさらに減らさない為に

喫煙所情報共有マップの普及が広まり、喫煙者がしっかりルールを守るようになれば、短期間で急に受動喫煙防止法が厳しくなることはないはずです。
世界的に規制が進められているのは、非喫煙者の受動喫煙が問題視されているのが理由の1つです。
非喫煙者に迷惑を掛けない吸い方が普及すれば、喫煙者の風当たりは落ち着き、やがて規制が見直されることもあり得るでしょう。
いずれにしても、現状ではルールに従う他ないので、限られた喫煙所でたばこを楽しむのがベストです。
飲食店以外のたばこが吸える場所についても、このアプリなら地図で視覚的に場所が分かりますから、最寄りの喫煙所を探すのも簡単です。