タバコと喫煙所は無くてはならない存在

タバコと喫煙所は無くてならない存在

日本タバコブームのピークは、1966年と言われています。
30~40歳が多く喫煙しており、1日2箱吸う人もいました。

男性が83.7%、女性が18.0%にのぼり、
男性にとっては「吸うことが当たり前」の時代と言っても過言ではありませんでした。
今とは違い、タクシーの中や、オフィス内でも自由に吸えた時代、
オフィスに10人の男性がいれば、8人が喫煙者だった計算になります。
空気清浄機の値段も高く、会社には簡単に置けませんでした。
今の時代は、分煙が一般的ですが、喫煙所の設置が必須ではなかった昭和時代は、
空気の入れ替えをしなければ、大変な事になりそうですね。

タバコと喫煙所は無くてならない存在

選択肢が増えたタバコ

昭和時代のタバコは紙タバコ(シガレット)が普及しており、
水タバコや加熱式タバコは、あまり知られていませんでした。

2014年頃から、電子タバコが日本でも始まりました
充電式のタバコと聞くと、新しい感じがしますが、
たばこの葉を使用してない事から、当時は選ぶ人は少なかったようです。

2015年辺りから、タバコ離れが進み、たばこの葉を使用していない、
電子タバコにスポットライトが当たります。
その結果、電子タバコ業界の売り上げは、波に乗り始めました。
電子タバコの会社も増え、アイコス、パルズ、グローなど大手会社が参入してきます。
電子タバコの利用者が、男性が30.6%、女性が23.6%と、
女性の利用者の数が目に止まります。

女性が愛用している理由の1つに、
フレーバー付きの電子タバコがあることが、関係しています。
紙タバコや加熱式タバコとは違い、電子タバコには、
フルーツ系やミント系などの多様な香りがあります。
紙タバコよりも、においが気にならないため、
手軽さが、あるのかもしれません。

タバコと喫煙所は無くてならない存在

電子タバコを選ぶ理由

タールなどの有害物質が極端に少ない

日本国内での販売が許可されている電子タバコ用のリキッドには、
タールやニコチンが含まれていません。

紙タバコに比べると、タールもニコチンも激減されます。
ニコチンは、依存性が高いと言われているので、
禁煙や減煙を目指す人には、電子タバコはオススメですね。
電子タバコと紙タバコを交互に喫煙し、本数を減らした事例もあるそうです。

吸ったときに香るフレーバーの種類の違い

先ほども、フレーバーに少し触れましたが、
電子タバコには、多種多様のフレーバーが存在しています。
日本だけではなく、海外からも購入できるため、
フレーバー数は無限大と言えるでしょう。
セレブが愛用しているフレーバーや、流行りのフレーバーを楽しむ
人々も増えてきているようです。
加熱式タバコや紙タバコは、元々たばこの葉を使用しているため、
たばこの葉のにおいを消す事は難しいです。
しかし、電子タバコは、たばこの葉を使用していないので、
たばこの葉のにおいを消して、香りを付ける事が可能です。
フレーバーを変えると、飽きる事なく楽しめるのも、
電子タバコのメリットではないでしょうか。

タバコと喫煙所は無くてならない存在

タバコと喫煙所の関係

現在では、分煙が法律化され、喫煙所設置にもルールが増えました。
空気の循環が出来なければ、喫煙所は使用不可になりました。
また、未成年がいる場所(学校、ファミレスなど)では、
喫煙所以外では、一切喫煙出来なくなりました。

喫煙者にとって、喫煙したい時に喫煙所を探すのは、大変ですよね。
そんな喫煙者のための、喫煙所を案内してくれるアプリがあります
それが、「喫煙所情報共有マップ」です。
現在地から近い喫煙所を表示し、
GPS機能付きなので、土地勘が無くても安心して、たどり着けます。
喫煙者には必須のアプリだと思いますので、
喫煙所情報共有マップ」をぜひ、活用してみてくださいね!

タバコと喫煙所は無くてならない存在