11月の季節湯「みかん湯」の効能とは~「温泉情報共有マップ」で季節湯を探してみよう~

11月の季節湯「みかん湯」の効能とは~「温泉情報共有マップ」で季節湯を探してみよう~

四季折々の植物や果物をお風呂に入れて楽しむ「季節湯」、
冬至のゆず湯や、こどもの日の菖蒲湯などは今でも有名で、広く知られていることと思います。

銭湯温泉でも、その時期は特別に、
ゆず湯や菖蒲湯を用意するイベントを催していることがありますよね。

しかし、それ以外の季節湯については、よく知らないという方も多いのではないでしょうか?
実は日本には、1月から12月まで豊かな四季を感じられる12種類の季節湯があり、
今月11月は「みかん湯」となっています。

そこで、「みかん湯」の効能をお伝えしますので、
おいしく蜜柑を食べたあとは、実践してみみてはいかがでしょうか。
また、イベント実施中の施設に足を運び、大浴場に入浴するとより効果的かもしれませんね。

漢方の生薬としても使われているミカンの皮

ミカンは寒い季節の代表的な果物ですが、果肉だけではなくその皮にも力を秘めています。乾燥させたミカンの皮は、「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ古くから漢方の生薬としても親しまれてきました。

ミカンはなんといってもその柑橘系のスッキリとした香りが特徴的ですよね。
ミカンを含め、柑橘系の皮にリモネンという精油成分が含まれていて、リモネンにはアロマテラピー効果のあるリラックス成分が含まれています。

リラックスすることで副交感神経を活性化させ、血行が促進されやすくなりますよ。

そして、リモネンの香りにより、神経を正常にする細胞の働きを活性化してくれるといわれていて、
不安やストレスが軽減されたり、神経の興奮が鎮まって安眠できるようになったりするそうです。

またミカンの皮には保温作用もあり、
浴槽に入れることで、湯冷めをしにくくしたり、
風邪の予防肩こり腰痛疲労回復などの効能が期待できますよ。

皮にもビタミン豊富!

果肉にもビタミンCが豊富ですが、皮にも美肌効果のあるクエン酸ビタミンCがたっぷりと含まれており、肌荒れやニキビ肌にも効果があるといわれています。

また、匂いや汚れを落とすような作用があるため、
体臭お肌の余分な皮脂汚れを落としやすくしてくれるそうでよ。

<みかん湯の作り方>
1.ミカンを食べたあと、果皮を陰干ししておきます。
2.ミカン20個分の皮を、ガーゼか木綿の袋に入れ、風呂に浸して入浴します

「温泉情報共有マップくん」でイベント湯開催の温泉探し

広い浴槽で、香りが充満する空間でミカン湯を味わいたいと思っていだけた方は、
ぜひ温泉や銭湯に足を運んでみてはいかがでしょうか。

季節湯を実施している施設は多くあり、その施設を探す際、
温泉情報共有マップくん」が参考にしていただけるかと思います!

例えば、東京都の練馬区浴場組合では、
2021年11月21日(日)「ちんぴのゆ」が開催される予定ですが、
温泉情報共有マップくん」では、
マップ上の温泉のピンによって、場所が把握でき、気になるピンをタップすれば、
住所、電話番号、営業時間、休業日、URL等、詳細が表示されます。

コメントが投稿でき、利用者の声が寄せられていますので、
浴室の様子や、お湯の温度など、参考になる情報が多くありますよ。

他にも、近くの銭湯で、「みかん湯」が実施しているのか、
温泉情報共有マップくんくん」を開いて確認してみてくださいね。

ダウンロードはこちらから
Android
ios