温泉情報共有マップくんを使い、日常を忘れて層雲峡温泉を堪能した

温泉情報共有マップくんを使い、日常を忘れて層雲峡温泉を堪能した

気がつけば、蝉の声はすっかり聞こえなくなり、涼しい風が吹く季節となったように感じます。私は1年の半分以上をエアコンをつけて過ごすのですが、最近は、エアコンの設定温度以上に、朝の体感温度が下がっていますよね。体調管理には気をつけたいものです。。
さて、先週の話なのですが、先に述べたようにだんだんと涼しくなってきました。毎年、暑い季節になると、「早く涼しくならないかな」と思い、逆に、寒い季節になると、「早く暖かくならないかな」と思います。もしかすると、あなたもこのように感じたことがあるんじゃないでしょうか?そう考えてみると、人間は本当に不思議な生き物だなと思いますね(笑)
もしかすると、人間は自然から身を守るために、そのように感じるようになっているのかもしれません。私は、自然なものは変えられないということ、また、最近遠くへ出かけて寛ぐことができていないことから旅行に行こうと思いました。せっかく涼しくなったのですから、どうせなら心身ともに温かくなりたいものです。
長くなりましたが、そのように思ったので、温泉旅行にいってきました。向かった先は、「層雲峡温泉 層雲峡観光ホテル(そううんきょうおんせん そううんきょうかんこうほてる)」です。温泉には、アプリの案内に従いながら向かいました。

温泉情報共有マップくんを使い、日常を忘れて層雲峡温泉を堪能した

大自然に囲まれた癒しの空間

別館は、各フロアには石庭を配し、季節をテーマにした空間づくりの「四季」と日本情緒あふれる端正なたたずまいです。12畳+次の間の広々とした贅を尽くした空間に、それぞれ趣きの違った浴室も設けてありました。私が感じたことがないぐらい優雅で貴賓ある上質な寛ぎのひと時が過ごせそうだと思いました。
そして、本館にある「彩花」は、明るく趣きある和の佇まいの和室と洗練された洋のテイストを基調とした洋室と和洋室でした。豊かな安らぎ感じる空間でした!
また、全室バス・トイレ・洗面所を独立させた設計となっているため、寛ぎのある快適なひと時が過ごせることでしょう!
どちらの館も客室から美しい景色が見られました。こんなに綺麗な景色が見られるとは思っていなかったので、思わず、何枚も写真に収めました。ぜひ、実際に見てほしいものです(笑)

贅沢な広さ、彩りの満喫

大浴場は2つありました。1つは、「星嶺(せいれい)」です。開放的で大きな窓がある大浴場で、温度の違う3つの湯船を楽しめました!
もう1つは、「月の雫(つきのしずく)」です。広々とした空間に、それぞれ温度の違う湯船があります。のぼせないように気をつけつつ、ほっと安らぐ至福の時間をすごせました。

そして、露天風呂も2つありました。1つは、峡谷大露天風呂「宇旅璃(うたり)」です。「宇旅璃(うたり)」は北海道最大級の露天風呂で、約200坪の敷地に約100坪におよぶ大自然と調和した岩でできた露天風呂でした。
東西に広がった露天風呂の中ほど、高さ約6メートルの岩山から流れ落ちる滝の演出はには、たいへん驚きました!男女混浴でしたが、宇旅璃専用の湯衣があるため、人目をそれほど気にせず家族で楽しむことができました!
2つめは、開放的な広さの「昴(すばる)」です。渓流のせせらぎや、マイナスイオンたっぷりの澄んだ空気・・・などなど。たくさんの緑に囲まれながら心まで洗い流されたようでした。

シンプルisベストな温泉アプリ

今回、私が温泉に行く際に利用していたアプリなのですが、「温泉情報共有マップくん」といいます。温泉が好きな方々のニッチなニーズにこたえてくれたアプリで、機能もシンプルです。
そのため、直感的に、誰でも、どこでも、いつでも使うことができます。まさに、シンプルisベストですね!ぜひ、みなさんも利用してみてください!

温泉情報共有マップくんを使い、日常を忘れて層雲峡温泉を堪能した