夏の土用は「温泉情報共有マップくん」で「桃の葉湯」に入ろう

夏の土用は「温泉情報共有マップくん」で「桃の葉湯」に入ろう

皆さん、季節湯を楽しんでますか?

冬至に入る「ゆず湯」は有名ですよね。

「ゆず湯」以外にも、
1月から12月まで、すべての月季節湯が存在し、7月は「桃湯」ですよ!

江戸時代から、
夏の土用は桃湯に入る」という習慣がありました。

夏、たくさん汗をかいた後に、お風呂を入ると、気持ちがいいですよね。

汗でべたべたになる体に、「桃湯」はピッタリなんです。

明日、28日に東京都内の銭湯では、
桃の葉湯」を実施しますので、近所の銭湯をチェックしてみてはいかがでしょうか。

その際に、ぴったりのアプリがありますので、後程、紹介いたしますね!

由来

桃は中国から生まれた植物で、
魔除けの力を持つ」と言われていますよ。

その考えから、日本でも、ひな祭りには桃が使われたり、
暑気払いの意味を含めて、夏の土用に桃の薬湯風呂に入る習慣ができたそうです。

甘くてジューシーな桃は、フルーツとしても人気ですが、
実だけでなく、と、すべてに栄養効果のある成分が含まれており、
捨てる部分がないといわれる優れた植物ですね。

効果

桃の葉」には、
タンニンというとう成分が多く含まれています。

タンニンには、
消炎解熱作用があり、肌の炎症を抑えてくれる効果がありますよ。

なので、
あせも湿疹虫刺され対策や、日焼け後の赤みを抑えたい時には効果的で、
夏の肌トラブルにピッタリの薬湯ですね!

また、タンニンには収れん作用もあり、
毛穴をキュッと引き締め、汗を抑える効果も期待できます。

収れん作用とは、
タンパク質を変性させることにより組織血管縮める作用で、
化粧品医薬品として用いられるほど、美肌にも効果的なんですね。

桃湯の作り方

桃湯は、桃の生の葉を用意できれば、
家でも楽しむことが出来ますよ。

桃の生の葉30~40枚を布袋に詰め、
鍋に入れて、15分から20分煮出します

煮汁ごとお風呂にいれ、よくかき混ぜて完成!

使用法については、ご自身の判断でお願い致します。
桃のアレルギーをお持ちの方は、無理はしないでくださいね。

近所の銭湯探しには「温泉情報共有マップくん」

汗をかき、夏の肌トラブルに効果的な「桃の湯」は、
明日、28日東京都内の銭湯で実施いたします。

店舗により実施日が前後する場合がございますので、事前にご確認ください。

その前に、参考にしてほしいアプリが、「温泉情報共有マップくん」です。

店舗に確認といっても、
近所に銭湯があるか、店舗名すら分からない場合、
インターネットで検索するのも、億劫ですよね。

その時は、「温泉情報共有マップくん」を開いてみてください。

マップ上に、温泉マークのピンが立っており、
近所の銭湯が、検索しなくても分かるようになっていますよ。

気になるピンをタップすれば、
住所電話番号営業時間休業日URL等、詳細が表示されます。

コメントが投稿でき、利用者の声が寄せられていますので、
浴室の様子や、お湯の温度など、参考になる情報が多くありますよ。

ぜひ、近くの銭湯で、「桃の葉湯」が実施しているのか、
温泉情報共有マップくん」を開いて確認してみてください!

たっぷり汗をかいた日に、銭湯にいくのもいいですね。

ダウンロードはこちらから
Google Play
App Store