ママさんバレーと「温泉情報共有マップくん」

ママさんバレーと「温泉情報共有マップくん」

子どもが大きくなると、パートと家の往復の繰り返しで、
味気ない日常になっていました。

パートがお休みの日、
子どもと、主人を送り出した後は、、わたし一人の時間ですが、
家事をして、テレビを見て、一日が終わってしまいます。

こんな生活なので、おなかの脂肪も育つ一方ですね。

でも、それは過去の話です。
お休みの日は、友人と会う機会が増え、
3年まえから10キロもやせることができました。

何が変わったかというと、
ママさんバレーを始めたからなんです!

ママさんバレーの出会い

きっかけは、
一緒の頃に入社した、パートの女性に話しかけられてことです。

「休みの日は何してるんですか?」

「家事して、テレビみて終わっちゃってるかな。
息子は高校生なんだけどね、中学生までは、部活の送り迎えとかで忙しかったんだけど」

「わかる!私の娘は、東京の大学いくから上京しちゃって、
忙しい頃が懐かしいですよね。」

と他愛もない会話から始まり、徐々にパート終わりのご飯も行くようになりました。

ある日の彼女は荷物が多く、旅行に行くのか聞いてみると、
ママさんバレーの練習なの。楽しいから見学においでよ!
ストレス発散にもなるし、一緒に出来たらうれしい!

と、誘ってくれたので、ちょっとだけ見学に行ってみようかな・・・
という軽い気持ちからでしたが、今では大会に向け、練習に励んでいる日々です。

充実した日々を送れるようになって、友人には感謝ですね。

大会後の楽しみ

大会は、毎年日時・場所が変わり、
そこで、バレーボールプレーヤーが集まり、真剣な戦いが始まります。

時には熱く、時には笑顔で、スポーツを通して交流を深められますね。

しかし、
新型コロナウイルスの影響で、県大会、各種イベントの中止が続き、
仕方がないのですが、やはり練習してきたので、やるせない気持ちです。

大会が中止になったので
チームのメンバーで、温泉に行けなくなったのも寂しかったです。

私たちチームは、大会の後に温泉に行くという恒例があり、
それも楽しみのひとつとなっていますよ。

毎年開催場所がかわるので、
温泉も毎年違うところに行けるのも、その日だけの贅沢です。

一番最近の大会は、「福岡市民体育館」で行われました。

私たちは、残念な結果になりましたが、
チームみんなで、温泉に行くことによって、
お互い話しあい、深いコミュニケーションもできるので、大切な時間でもありますよ。

その日、訪れたのは「波葉の湯」です。

友人に教わった「温泉を探すアプリ」

波葉の湯」は、大会場所から車で5分とアクセスがよいのでそこにしました。

使ったのは「温泉情報共有マップくん」です。

これも、友人に教わったアプリですよ。
初めて大会に出た日、
お疲れさまでした!温泉に行って汗を流しましょう!」とこのアプリを使って、
連れて行ったくれました。

今では、温泉が好きな私が率先して探していますよ。

毎年、開催地が違うので、探すのが大変だと思っていましたが、
温泉情報共有マップくん」は現在地から、地名検索から、
近い温泉を探すことができるので便利なんです!

チームのみんなが喜んでくれるのも嬉しいので、
温泉探しにも、気合が入りますね。

波葉の湯でリラックス

波葉の湯」はベイサイドプレス博多にある、スーパー銭湯です。

天然温泉が楽しめる、広々とした露天風呂5つもあり、
温度を調節しながら、長湯ができちゃいます。

運動した後に温泉に入ると、疲れも取れて、
明日からの仕事も、頑張れますね。

皆さん、
普段仕事をしていたり、子育てをしている中、時間を作っているので、
できれば、疲れは翌日に残したくないです!

波葉の湯」はリラクゼーションサービスがあり、ボディケアも受けました。

お手頃料金で楽しめて、温泉に後のリラクゼーションは、
体の疲れが芯から取れていく感覚でした。

趣味の友達と「温泉情報共有マップくん」

友人から教えてもらった「温泉情報共有マップくん」は、大会の日以外にも使っていますよ。

家族とドライブに出かけたとき、
GPS搭載なので、カーナビとして使い、帰りに寄れる温泉を探したり、
少し足を伸ばしたジョギングの後などにもピッタリです。

おかあさんコーラスや、フラダンス、ジムに行ってる方など、
皆さん、趣味はそれぞれだと思いまが、
ぜひ、趣味の友人達と、「温泉情報共有マップくん」を使って、
楽しんでみてはいかがでしょうか。

ダウンロードはこちらから
Google Play
App Store