マナーを知って「温泉情報共有マップくん」で銭湯探し

マナーを知って「温泉情報共有マップくん」で銭湯探し

みなさんは、銭湯に行くことはありますか?

私は銭湯が好きで、よく行きますが、
あまり行かない方にとっては、
少し戸惑うかもしれませんね。

小さい頃に、親に連れて行ってもらい、
周りの大人を見て、
見よう見まねで、マナーが身に付いたかもしれませんが、
改めて、こうやるべきだと教わった覚えがないかもしれません。

そこで、今回は、
銭湯での注意事項をまとめてみましたので、
参考にしてみてください。

「初めてです」
と番台さんにお伝えすると、優しく教えてくれますので、、
不安な方は勇気を出して、声をかけてみてくださいね。

私は、以前、
シャンプー等を持たないまま、
大和湯(東京都杉並区)に訪れ、
番台さんに、その旨をお伝えしたところ、
パウチタイプでいただきました。

また、ロッカーまで案内してくれ、
とても優しい番台さんでしたよ。

それも、
温泉情報共有マップくん」のおかげで、
番台さんに話しかけることができ、
後ほど詳しく紹介いたしますね。

銭湯マナー

【 銭湯入り口 】

・靴は下駄箱に入れて、鍵はしっかり保管!
いざ銭湯から出よとして時に「鍵がない!」と、
慌てないためにも、鍵はしっかり管理しましょう。

・番台、フロントで料金を支払い
シャンプーなどのアメニティや、タオルなどを持って来ていない場合は、
購入する必要があります。
最近は浴場に、リンスインシャンプー、ボディーソープを置いてある銭湯が多くなりましたが、
貸しタオルは無料と有料の銭湯がありますので、番頭さんに聞いてみましょう。

・脱衣所はスマホ禁止!
脱衣所についたら、空いているロッカーに、
貴重品や服などを入れてください。
この鍵は、ゴムがついていることが多いので、
腕に通して無くさないようにしてくださいね。

このときに下駄箱の鍵も一緒にロッカーの中にしまいましょう。

脱衣所、浴場では、
携帯電話、スマホは使用しないようにしてくださいね。
公衆施設としてのマナーです。


【 入浴前の準備 】

・かけ湯を忘れない!体を洗ってから入浴へ。
掛け湯やシャワーをして、体の汚れを洗い落としましょう。

お湯を汚さない為にはもちろん、
自分の体がびっくりしないようにお湯になれるためでもあります。

使ったものは、元に戻してくださいね。


【 入浴中の注意 】

・髪はまとめよう!
髪の長い方は、お湯に入る前にくくりましょう
湯船に髪が落ちたり、ホコリやフケがお湯に入り、
不衛生なお湯になってしまいます。

・タオルを湯船に入れない!
タオルを体に巻きつけて浴槽にはいるのはNGです。
一見キレイなタオルも雑菌がついています。


【 脱衣所へ 】

この時、脱衣所をビショビショにしないように、
浴場内もしくは脱衣所マットの上で体を拭いてからロッカーに戻ってくださいね。

温泉情報共有マップくんで銭湯探し

銭湯は、公共の場所ですので、
それぞれが不快にならないように気を使いながら、
気持ちよく過ごしてくださいね。

初めての場所で、緊張してしまう、
シャンプー等あるのか、不安な方は、
温泉情報共有マップくん」を開いてみてください。

温泉情報共有マップくん」は、
現在地や、地名等で銭湯、温泉を調べることができ
ナビゲートしてくれるアプリです。

また、
利用者のコメントの投稿があり、
その施設の雰囲気も知ることが出来ますよ。

大和湯(東京都杉並区)には、
「番台に申し出れば、シャンプー等もらえます」
と表記があったので、聞いてみることが出来ました。

近所の銭湯に行ってみたいけど、
どこにあるの?どんなところ?を
ぜひ、「温泉情報共有マップくん」で調べてみてくださいね。