なつかしきを尋ね、宿心を知る温泉と「温泉情報共有マップくん」

なつかしきを尋ね、宿心を知る温泉と「温泉情報共有マップくん」

それは衣替えの季節となり、外出時に、上着やジャケットが欠かせなくなった日のこと。私は1人、自宅のベランダにてロッキングチェアに座り、本を読んでいました。

読み始めて1時間ほどたったぐらいでしょうか?本も読み飽きてきたので、本を閉じ、立ち上がってベランダから周囲を見渡しました。私の自宅周囲には山々があり、葉の色がだいぶ変わったことが見て分かります。

改めて思うのですが、自然の変化をみたときに初めて、季節の移り変わりというものを感じるものです。昔に比べ、遠くへ出かける機会こそ減りましたが、それと比例し、自然を感じることも減りました。
分かってはいたことなのですが、実際にその状況に直面してみると寂しくなるものです。。(笑)……などと色々考えていると、私の目の前にひらりと木の葉が落ちてきました。そんな落ちた木の葉を眺めていると、ふと先月あったことが思い返されました。

先月あったこと…もう終わったのですが、私は、あるプロジェクトに5年かかわっていました。最初の数か月こそ、人員・スケジュールともに良い感じだったのですが、度重なるヒューマンエラーや仕様変更等により、もともとは2年間と定められていた納期が、一ヵ月、二か月とみるみる延期になってしまいました。それに伴い、人員も大量に入れ替わり、気づいた際には、当初の仕様を知っている人物すらもいなくなってしまっていたのです。
ダラダラと書いてしまいましたが、結果として無事に納品することができたので、晴れて自由になりました(笑)。

その一方で、心身の疲労はそうとうたまってしまいました。。そのため、充分な休息をとるために、先日は温泉旅行へと行ってきました。向かった先は、「下御殿(しもごてん)」です。

なつかしきを尋ね、宿心を知る温泉と「温泉情報共有マップくん」

緑と静寂に囲まれたお部屋

「下御殿」に建つ和室はすべて日高川に面していました。窓の外に広がる山並み、清流のせせらぎ、四季折々の景観…ゆるやかに流れる穏やかな時間の中では、心身ともにゆったりくつろぐことができます。 部屋には、ちょっと贅沢な大人の旅を満喫したい人のために、和と洋の特別室や露天風呂付客室などが用意されていました。そのため、緑と静寂に囲まれたプライベートな一日を楽しむことができました。

旬が存分に楽しめる料理

「下御殿」で提供される料理は、山あいの里ならではの山菜料理や川魚、ボリューム満点の会席料理がメインとなっていました。 月毎に変わる献立は、夏は鱒のあらい、冬はぼたん鍋や鹿肉など、旬の山の幸がだされているそうです。
一品、一品が丁寧に作られていることからも、利用者に対するおもてなしの心というものが十分に伝わってきました。どれもすごく美味しいので本当におすすめができます!

なつかしきを尋ね、宿心を知る温泉と「温泉情報共有マップくん」

充実した時間を過ごせる温泉

「下御殿」には、内湯(檜風呂・御座敷風呂)と混浴露天風呂がありました。落ち着いた和の雰囲気が漂う内湯は、全国的にも珍しい御座敷風呂と、木の質感と香りが肌にしっとりとなじむ檜風呂の2種類ありました。そして、混浴露天風呂は、四季の移ろいを肌で感じながら豊かな自然に囲まれるので、心も体も癒されます。 みなさんも渓流に面した開放感あふれる露天風呂でのんびり秘湯気分に浸ってください。

なつかしきを尋ね、宿心を知る温泉と「温泉情報共有マップくん」

パパっと使える温泉アプリ

今回私は、数年ぶりに温泉旅行にいきました。ここだけの話なのですが、いつもは友人・知人と旅行に行くことが多いため、1人での旅行は初めてでした(笑)
ですが、そんな1人旅行が初めての私でも、道に迷うことなく温泉へ行き、癒しの時間を過ごすことができました。改めて振り返ってみると、私が温泉旅行を楽しむことができたのは、「温泉情報共有マップくん」という温泉アプリのおかげだと思います。このアプリでは、日々温泉に関する情報が更新されており、アプリをインストールすればパパっと使えます。みなさんも「温泉情報共有マップくん」をぜひインストールしてみてくださいね!

なつかしきを尋ね、宿心を知る温泉と「温泉情報共有マップくん」