混浴温泉で「温泉情報共有マップくん」を通じてひとときの安らぎを得られた

「温泉情報共有マップくん」を通じてひとときの安らぎを得られた

時がたつのは早いもので、先日、一番下の子供が我が家を巣立っていきました。
親として子供が巣立っていくこと、それ自体は嬉しいのですが、昔のように世話を焼く機会が減ると思うと、少し寂しい気持ちになります。
ただ、親であることに変わりはないので、何か困ったことがあれば遠慮なく頼ってほしいものです。
さて、前置きが長くなったのですが、そんなこんなで色々あって、ようやく自分たちの時間というものができました。
時間ができると、人はいろんなことを考えるそうですが、私たち夫婦もそうでした。妻と二人で昔話をするなかで、旅行の話になりました。
家族や友人たちと旅行に行った思い出は両手でも数えきれないほどありますが、妻と2人で旅行に行った記憶がほとんどありません。
そこで、押し入れの奥からアルバムを引っ張り出して一通りみてみると、どうやら最後に二人で旅行に行ったのは、結婚前のようでした。
よい機会だったので「旅行でもいかないか?」と妻にきいてみたところ、「旅行?いいわね!温泉とかどうかしら?」と言われました。
長年、一緒に苦楽を乗り越えてきたパートナーです。まさに、私も温泉に行きたいなと思っていました。
こうして、夫婦で温泉に行くことになったのです。向かったのは、「老神温泉 伍楼閣(おいがみおんせん ごろうかく)」です。

「温泉情報共有マップくん」を通じてひとときの安らぎを得られた

便利な予約制の送迎バスで安心!

伍楼閣には、無料送迎バス「じゃおう号」に乗っていきました。バスの中では少し寝てしまったため、正確な時間はわかりませんが、
上毛高原駅から、約一時間ほどだったと思います。注意してほしいのは、予約しないと乗車できないというところです。前日の15:00までに旅館へ電話でしなければ乗れません。
私たちは、2人とも念入りに調べていたため、バスの予約を忘れずにできました。みなさんもバスを利用したいときは事前に予約しておくと良いかもしれませんね!

興味深い「老神温泉」の由来

赤城山の神は蛇、日光男体山の神はムカデのようですが、
遥か昔に、両者が戦ったとき、蛇は何者かに弓で射られてしまいます。弓で射られた蛇が、赤城山山麓に矢を突き刺すと、たちまちお湯が沸いてきたのが始まりです。
そして、沸いたお湯で赤城山の神(蛇)が傷を癒し、男体山の神(ムカデ)を追い払ったことから「追い神」と呼ばれるようになり、やがて「老神」温泉になったと伝えられています。
私は蛇やムカデと聞いても、「矢を突き刺す様子」を想像することができなかったのですが、両者は神すなわち、人の姿であることを考えるとなっとくができました。
しかし、温泉の名前をはじめ、さまざまな名称の由来を聞くのはとても面白いものですね。

山の幸で気分も幸せ

旅館に着き、荷物を置いてすぐに散策にでかけました。そのため、散策を終えて部屋に入った私たちはとても驚きました!目の前には色とりどりの料理が並んでいたのです。
その美しさに一瞬、時が止まったかのようでした。岩魚の骨酒や岩魚のお刺身、どれがおすすめと聞かれても返答に困るほど、すべてが美味しいと思いました。
妻が家で作ってくれる料理ももちろん美味しいのですが、旅館で提供される料理も負けないぐらい美味しいです。こだわりの食材が、ふんだんに使った料理だからこそ、出せる美味しさなのかもしれませんね。
思い出すだけで、よだれが出てきそうです笑。

「温泉情報共有マップくん」を通じてひとときの安らぎを得られた

その美しさに心震える

お風呂は、4つの露天風呂と2つの大浴場で堪能できます。私たちが、最初に向かったのは、混浴露天風呂の岩鏡です。
早速、妻と2人温泉につかりました。熱すぎることもなく、でもぬるくもない絶妙の温度が最高に疲れを癒してくれるようです。
周りを見渡すと、渓谷の眺めが非常に綺麗で、その素晴らしさに妻は感動し、泣いてしまいました。それをみた私も、もらい泣きしてしまいました。
岩鏡は混浴露天風呂ですが、夜8時から10時は男性、朝6時30分から9時までは女性専用時間となっているので注意してくださいね。

温泉アプリがもたらしてくれた感動

今回、温泉に向かう際に利用したアプリがありました。「温泉情報共有マップくん」です。
結婚してから夫婦2人で初めて行く温泉旅行。最初は、不安で不安でたまりませんでした。
私はスマホを使うのが決して得意とはいえません。ですが、そんな私でも直感的に使用することができました。
そして、結果として、夫婦となってから2人で初めて行く旅行は最高の思い出となりました。いままでも苦楽をともに妻と乗り越えてきました。
これからも一緒に寄り添い乗り越えていくわけですが、「本当にこの人と結婚してよかった」と思いました。
ささいなことですが、私たちに感動をもたらしてくれた数少ないアプリのうちの1つです。
みなさんも、ぜひ利用してみて下さい!

「温泉情報共有マップくん」を通じてひとときの安らぎを得られた