「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ4

サウナ好きの皆さん「ケロサウナ」というのをご存じですか?

サウナ室の壁面に使われる木材は、様々な種類がありますが、
その中で、「ケロ」という木材は、もひときわ希少価値が高く、
日本でも珍しいものです。

そんな貴重なケロサウナが、
都心から近い「舞浜ユーラシア」で味わう事が出来ます!

貴重な「ケロサウナ」の魅力をお伝え致しますね。

そして「ケロサウナ」を知ったきっかけは、
温泉情報共有マップくん」でした。
そちらも、最後に説明させていただきます!

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ4

特別なスーパー銭湯体験

千葉県は浦安市の、
舞浜駅から車で5分のところにある「舞浜ユーラシア」は、
ホテルメインの新館と、スパやブライダル設備がメインの本館で構成され、
レストランや売店などコンテンツが豊富な、大型ホテルです。

スパもかなり広く、
天然温泉を使用した、広々とした大浴場
源泉が楽しめる露天風呂
フィンランドサウナに塩サウナと、
施設も充実しています。

ここまで説明すると、
どこにでもある「スーパー銭湯」と変わらないと思ってしまいますよね。

舞浜ユーラシア」魅力は、
充実した施設もありますが、
冒頭で説明させていただいた「ケロサウナ」が一番の魅力と思っております!!

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ4

フィンランドでも貴重なケロ

ケロサウナとは、
ケロという木材を使ったサウナ室です。

このケロとは、
北極圏より北、フィンランドで言うと北部の、ラップランドという地域で採れる木材で、
松の木が立ったまま枯れて、枝や葉が全て落ち
さらに40年以上経ったものが、ケロといわれるようですよ。

1年で採っていい量も決められ、その量は毎年減っており、
かなり希少価値が高く、フィンランドでも珍しい木材です。

なので、
フィンランドで、
ケロを使ってサウナ室を造ることは、とてつもないステータスらしく、
その貴重なケロサウナは、日本でも数か所であり、
背景を知ると、ケロのありがたみが増しますね。

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ4

ケロサウナのこだわり

舞浜ユーラシアは、
フィンランド人2名を、舞浜まで来てもらい
実際に、造ってもらうという、こだわり抜いた作品だと思いました。

ケロを使用したサウナは、
通常のサウナ室を造る木材の、おおよそ6倍から10倍も費用が掛かるのですが、
そのケロの丸太をまるまる使い、組み合わせ、ログハウスのようなサウナ室で、
通常のサウナと違う雰囲気の中、少しワクワクした気持ちになってしまいましたね。

また、ケロサウナの扉を開けた時には、ふわりと華やぐ甘い香りが広がります。

舞浜ユーラシアの別のサウナの温度が、90度前後とくらべ、
ケロサウナは70度と低くいので、
じっくり、ゆっくり、ケロの香りを楽しみながらサウナ浴が出来ますよ。

照明も、落ち着いた間接照明で、
テレビや音楽も流れることなく、無になってリラックスできる空間でした。

これが、「本場のサウナ体験か」と、
と、贅沢な気持ちと、とてもリラックスしもでき、ここでしか味わえないサウナ体験です。

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ4

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ

サウナが好きで、
休みの日には「温泉情報共有マップくん」で調べて、出かけるのが好きなのですが、
この「舞浜ユーラシア」を調べた際、口コミに「ケロサウナ」という言葉があり、
気になって、行ってみた次第です。

口コミ通り、とてもいい温泉施設でした。

温泉情報共有マップくん」では、
GPS搭載で、ナビゲーション機能付きで、
現在地から、近くの温泉施設が簡単に調べて、行くことが出来ます

そして、絞り込み検索で「サウナ」と検索すると、
「サウナ」がある施設のみが表示されるので、より探しやすくなりますよ。

口コミを頼りに、貴重なサウナ体験が出来ましたので、
「温泉情報共有マップくん」も、今後も活用していきます!

みなさまも、
温泉情報共有マップくん」で、サウナ体験をしてみてくださいね。

【温泉情報共有マップくん】
Google Play
App Store

「温泉情報共有マップくん」で見つけたケロサウナ4