「温泉情報共有マップくん」で出会ったラムネ湯

「温泉情報共有マップくん」で出会ったラムネ湯

炭酸泉という、温泉の泉質をご存じですか?

炭酸泉とは、
炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯の事で、
入浴すると、シュワシュワと細やかな泡が付着するの特徴の温泉です。

まるで、ラムネやシャンパンの中に入っているように感じられ、
別名「ラムネ湯」とも言われています。

今回は、
その炭酸泉の中でも、
世界屈指の炭酸泉湧出地として知られる温泉地
長湯温泉の「ラムネ温泉館」を体験していきました。

メルヘンな温泉旅館

大分自動車道の湯布院ICから、
竹田市へ車で走ること約50分で、ラムネ温泉館(大丸旅館)に到着します。

おとぎ話に出てくるような、メルヘンな建物なので、
温泉だとは思わないかもしれませんね。

白黒のストライプ柄が特徴的な建物は、
建築家の藤森照信が手掛けいます。

飲んでも良し!の温泉の効果

ラムネ温泉館の一角には、飲泉所があります。

炭酸ガス胃腸の働きを活発にし、水分の吸収をよくしますので、
温泉を飲むことにより、胃腸病・肝臓病・便秘に効果があるようですよ。

また、
利尿効果により痛風尿管結石膀胱炎糖尿病慢性胃腸炎にも効果があり、
飲んでも効能がある温泉だと知りました。

長湯の町全体にも飲泉所があり、訪れた際は、試してみてくださいね。

ラムネ湯体験

温泉は、
内湯外湯(露天風呂)のふたつがあり、
2種類の源泉を楽しむことが出来ます

内湯は42度ぐらいのにごり湯で、
壁が浴槽から壁にかけて、赤茶色になっていました。

この赤茶色は、
炭酸泉の成分の結晶が付着して変化したものらしいですよ。

露天風呂に浸かってみると、
体中がすぐに泡で包まれました。

この炭酸ガスが皮膚から吸収されて、血流が促進されます。

心臓への負担を和らげ、
高血圧リュウマチなど、体の痛みにも効果があるといわれていまよ。

炭酸の気泡がはっきり見えるお湯なので、
目でも楽しめ、より効果も実感できますね。

また、
炭酸イオンの働きが皮膚の炎症を抑えたり
関節リウマチ坐骨神経痛のような痛みや運動障害を伴う疾患などに効果があります。

長湯温泉は、重炭酸イオンとカルシウム、マグネシウムを多量に含み、
その上に鉄分も含有していますので、
アレルギー性疾患慢性の皮膚炎ジンマシンに効果がありますよ。

新陳代謝が活発になるといわれる炭酸泉は、
血流が良くなるため体への影響も強く、長く浸かり過ぎるのは禁物です。

長くても40分くらいまでを目安にしてくださいね。

「温泉情報共有マップくん」の絞り込み検索

長湯温泉の「ラムネ温泉館」は
温泉情報共有マップくん」で知ることが出来ました。

温泉情報共有マップくん」は
GPSで現在地から近い温泉地や、地名で検索できるほか、
泉質で絞り込むことが出来るので、温泉好きには、嬉しい機能です。

二酸化炭素泉」で絞り込んだところ、
ラムネ温泉館」があり、口コミもよかったので、足を運んでみました。

ぜひ、「温泉情報共有マップくん」で温泉を楽しんだ後にも、
コメントを残して、情報共有してみてくださいね。

皆さんの感想を、是非参考にさせて頂きます!