「温泉情報共有マップ」で見つけた高温露天風呂

「温泉情報共有マップ」で見つけた高温露天風呂

とにかく熱い風呂が好き!
ふぅ~と息を吐きながら入浴すると、
脳の芯まで心地よく刺激されて気持ちがよく、くせになりますよね。

そこで、最近行った日帰り温泉「半田天然温泉 ごんぎつねの湯」で
ふぅ~と気持ちよい瞬間に出会うことができました。「温泉情報共有マップ」で見つけた高温露天風呂

愛知県有数の高温温泉

半田天然温泉 ごんぎつねの湯」は、愛知県半田市出身の童話作家、
新美南吉の有名な作品に、ちなんで名づけられた温泉で、
檜の香りが漂う純和風の建物に、日本庭園を思わせる上品で風流な造りの露天風呂です。

浴室は、日本伝統の木造建築で天井には太い梁も渡され、
洗い場も木製のスノコ張りなので、なかなか落ち着く造りの印象を受けたのと、
そして、そこの露天風呂が、熱いお湯好きには、最高の温泉でした!!!

なんと、泉質約59.2度と県内有数の高温なんです!
特に滝つぼの湯は、源泉を落差3.5mの岩山から落とすことで、
45℃前後の高温に保たれています。

源泉100%かけ流しのお湯を楽しむことができ、
半田天然温泉 ごんぎつねの湯」は、ナトリウム塩化物強塩泉が27g以上と超濃厚で、
冷めしにくく体の芯まで温まるることができました。「温泉情報共有マップ」で見つけた高温露天風呂

明日は我が身

普段、家族で入るお風呂は低めに設定していて、
熱いお湯にはなかなか入れないので、
ここぞとばかりに、長く入っていると、少しく頭がくらくらしてし、
全身真っ赤の茹でタコ状態に、、、

脱衣所には休憩できるスペースがあり、立ち眩みが収まるまでベンチに座って休憩しました。

ふらふらしながらも、自分の力で脱衣場まで行くことができたので、良かったのですが、
一歩間違えれば、大事故に繋がりかねないと思い、反省です。
銭湯で倒れて死亡したとうニュースを聞いたことがあり、明日は我が身ですね。

そこで、この経験から対処法もお伝えできたらと思います。

熱いお湯は、急激な血圧上昇につながることもあるので注意が必要ですが、
ぬるま湯より高い新陳代謝効果を得られるので、気を付けながら楽しんでいきましょう。「温泉情報共有マップ」で見つけた高温露天風呂

熱いお風呂の楽しみ方

1、入浴する前には十分な水分補給

入浴すると体が温められ、汗をかきます。
その汗によって身体から水分が失われるため、入浴する前に、
コップ1~2杯程度の水分を摂るようにしましょう。

2、かけ湯で身体をならす

かけ湯は体の汚れを落とす目的の他に、
急激な温度変化による血圧の上昇を防ぐために行います。
つま先から足、お腹、手、腕、胸と、体の端から心臓に向けてかけてください。

3、無理せずクールダウン

お風呂は、
「休憩をはさみながら複数回入浴するより、一気に長湯した方が、健康増進効果は高い」
というわけではなく、お風呂は体温以上の温泉では、熱いお湯ほど体に負担がかかります。

体を温めすぎることで、のぼせ症状は起こるので、体が温まってきたと感じたら、
一度お湯から上がって体を冷まし、少しクールダウンしたらまた温まるという方法で、
温め過ぎないように調節しましょう。

熱めのお湯の場合、休憩を挟みながら、入浴したほうが、
体の芯まで温まるので湯冷めしにくいのです。

4、お風呂上りも水分補給

見えていないだけで、お風呂でも、汗はかいています。
その分の水分補給を先にしておけば、体温調整がスムーズにできます。

もし、具合が悪くなった場合、
横になって落ち着くまで、安静にしてくださいね。

そして、首筋や手など、扇風機や濡れたタオルで冷やし、
体全体を緩やかに、冷やすことを意識をしてください。
水風呂などで急に冷やすと、ショック状態になる可能性があるためです。

無理をせずに、自分の体調に合わせて、今後も温泉を楽しんでください。「温泉情報共有マップ」で見つけた高温露天風呂

「温泉情報共有マップ」の体験談でわかる温泉の特徴

日帰り温泉探しに役立つアプリは、「温泉情報共有マップ」です。
現在地から近くの銭湯、温泉を探すことができるので、
お家から、ドライブ中、帰省先、赴任先など、
様々な状況でも、簡単に検索できるので、お近くの温泉を探しに利用してみてくださいね

また、「半田天然温泉 ごんぎつねの湯」は口コミが多く、
そこで、熱めの温泉だとわかりました。
ユーザー同士で温泉の情報を追加、更新できたり、口コミも書き込めるので、
そこから、自分好みの温泉に出会えることもできます!

どんな温泉だったのか、みなさんの感想も書いてみてくださいね!