トイレマークの誕生のきっかけ?ピクトグラムで見やすい「トイレ情報共有マップくん」

トイレマークの誕生のきっかけ?ピクトグラムで見やすい「トイレ情報共有マップくん」

皆さんは、いち早くトイレに行きたい人です。
その時、目に入ったのは何でしょうか。

それは、
女性と男性が並んでいるシルエット」ではないでしょうか。

トイレと書いているわけではないのに、そのマークでトイレだと分かりますよね。

このようなマークをピクトグラムといいます。

文字がなく、目につきやすいむだのない図記号で表され、
文字が分からない方でも、何をしめしている分かるマークの事をいい、
交通標識や案内図、天気図や風力階級、機器操作、製品取り扱い表示、
高齢者や障害者のための支援記号など、身の回りに広く普及していますよ。

このマークのおかげで、
言語が分からない海外に行った時にも、トイレを探すことができます。

国際的に使用されている、トイレを含むピクトグラムは、
実は日本で誕生しました。

このトイレマークのピンで、いち早くトイレの場所が分かるアプリ、
トイレ情報共有マップくん」もあり、
ピクトグラムによって、スムーズにトイレを探すことができるようになっています。

それでは、国際的に浸透し、当たり前に認識ができる、
アプリでも使用されているこのトイレマークは、いつ誕生したのでしょうか。

1964年東京オリンピックに向けて誕生

今年、オリンピックが日本で開催されましたよね。

オリンピックは、世界中の人たちが1度に集まり、様々な競技をするスポーツの祭典です。

日本では2回目の開催地となりました。

1回目は1964年に開催し、
この時、アルファベットを使わない国で最初での開催だったんです。

そのため、
世界中から観戦に訪れる人たちが混乱しないようにと、
情報伝達の手段としてピクトグラムを用意する必要がありました。

当時のオリンピックのアートディレクターだった勝見氏は、
家紋に着色を得て、当時の新進気鋭のデザイナにー声をかけ、
施設のシンボルが誕生し、トイレマークもこのひとつですよ。

シルエットの理由

女性用のトイレマークは、スカートを連想させるデザインですよね。

デザイナーの一員が
当時最先端のマリークワントのミニスカートを参考にしたようです。

少し前をさかのぼり、1950年代の映画から見ると
「ローマの休日」「東京物語」「七年目の浮気」と軒並みロングスカートで、
当時は、女性の多くはロングスカートをはいている印象だったのかもしれませんね。

男女で色が違う理由は、
男性がスカートを身に着ける国もあるということで、
男女を色分けで区別することになったようです。

世界的に浸透している理由

勝見氏は「社会に還元すべき」と考え、東京オリンピック終了後、
デザイナーたちはピクトグラムの著作権を放棄しました。

こうした行動があったからこそ、
トイレマークは今豊かな表現手段として繁栄しているんですね。

現在は、
「色覚異常」を持つ方への配慮がなされたデザインや、
空間デザインに合わせた変更などなされ、様々な変化を続けていますよ。

簡単に操作できる「トイレ情報共有マップくん」

お腹が痛い時、
いち早くトイレに行きたいとき、
トイレがどこにあるのか、検索して、文字を読んで、
住所が分かれば、地図アプリに入力して、と手間が多くありませんか。

トイレ情報共有マップくん」は
マップを開くだけで、現在地から近いトイレが一目で分かります。

一目でわかるのも、日本で誕生したピクトブラムのおかげですね。

アプリ内だけでも、
目につきやすいむだのない図記号が使用され、
説明書がなくても、感覚的にトイレが探せナビゲーションもこのアプリ一つでできます。

ぜひ、トイレを探す際は
「トイレ情報共有マップ」を使ってみてはいかがでしょうか。

ダウンロードはこちらから
Google Play
App Store