夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」

夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」

世界で最も有名なネズミと言えば、そう!ミッキーですよね!
誰からも愛される言わずと知れた、ミッキーたちが住む世界「ディズニーランド」は、
夢の国として有名で、楽しく笑顔になれるテーマパークです。

ディズニーリゾートの生みの親「ウォルト・ディズニー」や、
「東京ディズニーランド」の名前は聞いたことある方は多いと思います。
そこで、今日はディズニーランドについて、少し深堀していきます。

夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」

1つのキャラクターで広がる世界

ディズニーの世界を作り上げた「ウォルト・ディズニー」は、
少年時代にアニメーションの世界に興味を抱きました。
ウォルト・ディズニーが27歳の、1928年に世界中で愛されるミッキーマウスが誕生します。
その後、1937年には初の長編カラーアニメーション『白雪姫』で大成功となり、
1955年7月17日、アメリカ・カリフォルニア州に、ウォルト念願のディズニーランドをオープンしました。
カリフォルニア・ディズニーランドの成功がきっかけとなり、
その後、世界中に6個のディズニーリゾートが誕生します。

1983年4月15日に、千葉県舞浜町に世界のディズニーリゾートの3番目として
誕生したのが、東京ディズニーランドです。
当時日本には、ここまで大きなテーマパークは少なく、
乗り物ではなく、キャラクターに会いに行くディズニーの世界観は新鮮でした。
お客様をゲストと呼び、テーマパーク内は隅々までの気遣い、
夢の国は日本に間違えなく、大きな影響を与えました。

夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」

ウォルト・ディズニーが伝えたかった想い

ウォルト・ディズニーは、毎週末のように幼い2人の娘を連れて、
動物園や遊園地へ遊びに行っていました。
あるとき、娘たちは遊具に乗って楽しんでいるのに、
自分はベンチに座ってピーナッツを食べるだけという状況に気付きました。
おとなと子どもたちが一緒に楽しめる場所を造るべきではないかと考え、
ディズニーランド計画とその開発を始め、15年という長い年月がかかったといいます。
そして、ついに1955年、カリフォルニア州にディズニーランドを完成させたのです。

「親と子供が一緒に楽しめる場所があるべきだ」この気持ちだけで、
駆け抜け、完成させた信念と情熱は、今も受け継がれています。

夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」

自然に溶け込む夢の国の気遣い

ディズニーランド内には現在7つのテーマがあり、
「ファンタジーランド」「アドベンチャーランド」「トゥーンタウン」など。
そのテーマに合ったBGMや効果音が流れており、
パーク内のエリアからエリアに移動する時に、必ず滝があります。
なぜ、滝があるのかと言うと、エリアからエリアに移動する際、
聴覚、視覚で脳内が移動する!と認識してしまいます。
自然と、気付けば移動していて世界が自然と変わって欲しい。そのような願いから、
滝の音が終われば、違うエリアの世界の音が広がっているように、滝があるそうです。
自分たちが気付かない所まで、細かく気を配ってくれる、
流石、世界を代表するテーマパークのディズニーです。

夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」

夢の国には時計が無い、トイレも見つかりずらい?

有名な話ですが、ディズニーランドには時計がありません
時間の経過を気にせず、楽しんでほしい。そのような望みを込めて、
テーマパークには一切時計が設置されていません。

その他には、喫煙所が目のつく場所に無い。トイレの場所が分かりづらい
と言われています。
どんなに夢の国でも、トイレには行きたいですよね。
そんな時に活用して欲しいアプリが「トイレ情報共有マップくん」です。
方向音痴で地図が読めない、トイレのマークが分からなくて辿り着けない。
そんな不安も解消してくれます。
なぜなら、GPS機能付きなのでトイレまで道案内しくれますし、
トイレに特化したアプリなので、トイレだけを表示してくれます。

夢の国だからこそ、全力で楽しみたいですよね!
トイレ情報共有マップくん」で心行くまで、エンジョイしてくださいね!

夢の国でも大活躍の「トイレ情報共有マップくん」