困った時の強い味方「トイレ情報共有マップくん」

困った時の強い味方「トイレ情報共有マップくん」

私たち、人間は衣食住は欠かせません。
衣服を着る事により、身体を外部から守ることが出来ます。
暑さや寒さから守ることにより、体温を保ち、
外部からの、紫外線や菌、乾燥からも身体を保護をしてくれます。

衣食住の中で唯一、欠けてしまうと生きることができなくなってしまうのが、食事です。
食事をすることにより、人間の体ではエネルギーが作り出されます。
人間の体は、沢山の栄養素で構成されているため、
偏った食事ばかりだと、栄養バランスが崩れてしまいます。
体内に侵入した菌を倒すことが出来ず、免疫力も低下し、
身体が正常に働かなくなり、悪循環が生まれます。
言わずもがな、食事は大切ですね。

快適な「住」について考えた時、衣食と同じで十人十色です。
寝るだけで良いと思う人もいれば、少しでもリラックスできる空間にしたいと考え、
インテリアなどに、こだわりを持つ人もいます。
最低でも1日の3分の1を過ごす場所なので、
仕事の疲れを睡眠以外でも癒せる家だといいなと私は思います。

困った時の強い味方「トイレ情報共有マップくん」

衣食住に続いて大切なトイレ

食事をすると、必ず排せつに繋がります。
食べたものは約24~48時間で、
栄養などを身体に取り入れた後、便として出てきます。
便は、水分が多いとやわらかくなり、少ないと硬くなると言われていますが、
基本的には、便の硬さは、水分量で決まります。

水分不足が続くと、便秘になります。
解消法としては、水分や植物繊維を積極的に摂る事が大切です。
便秘が続くと、身体に良い事はありません。
身体は平均温度が36度前後で、
例えると、夏に生ゴミを外に置いておくようなものです。
それが、身体の中にあるという事は、良い状態とは言えないですね。

便秘とは別にもう1つ、良くない便の状態が下痢です。
水分の吸収する働きが弱くなるのと同時に、
腸内に排出される水分の消化液が多くなる事が、原因です。

下痢は便秘とは違い、水分量を調整するだけでは、治りにくく、
ストレスが下痢の原因になる事も、多々あります。

注意すべき点は、例えば、感染性胃腸炎の場合、
ウイルスや細菌を外に出す自浄作用で下痢になるので、
単純に下痢を止めればいいというものではありません。
しっかり見極めて病院を頼るのも選択肢の1つです。

困った時の強い味方「トイレ情報共有マップくん」

消化・吸収されない食べ物をチェック

「スループット食材」という言葉を聞いたことはありますか?
スループット食材とは、トウモロコシのような食材の事で、
「体内で消化・吸収されずに、そのまま排出される食べ物」を意味します。

【スループットの例】
・スイカやブドウの種
・トウモロコシの皮
・豆類の皮
・ゴマなど

上記の食べ物は、
消化されずに排出される「食物繊維」や、
消化されにくい「でんぷん」を多く含んでいます。

ついつい、美味しくて食べ過ぎてしまう事もあるとは思いますが、
食べ過ぎないように注意したいですね。

困った時の強い味方「トイレ情報共有マップくん」

自分では整えにくいお腹の調子

普段何気に過ごしている日々の中で、トイレに行く事は苦ではありません。
自宅や会社では、自分のタイミングで行く事が出来ます。
しかし、行きたい時に行けないタイミングがあります。
電車の中や、出先の途中、誰かと一緒にいる時などに、
突然、お腹の調子が悪くなった経験ありませんか?
前触れもなく襲ってくる、体調不良。
トイレを探したくても、知らない場所だと焦ってしまいます。
電車を降りてもトイレがあるとは限りませんし、
土地勘が無い場所だと、見つけるまでに時間がかかってしまいます。

そんな時に役立ててほしいアプリが「トイレ情報共有マップくん」です。
現在地から一番近いトイレを案内してくれます。
GPS機能付きなので、迷わずトイレに到着できます。
ぜひ、「トイレ情報共有マップくん」を活用してみてくださいね!

困った時の強い味方「トイレ情報共有マップくん」