トイレ情報共有マップくんは海外にも対応する優れもの

トイレ情報共有マップくんは海外にも対応する優れもの

日本の企業ファービヨンドが開発したトイレ情報共有マップくんは、誰でも簡単に機能がイメージできるスマホアプリです。

ユーザー参加型のトイレ情報共有アプリ

AndroidとiPhoneなどのiOSに対応するアプリで、ユーザー参加型のトイレ情報共有アプリとなっています。
ユーザーがトイレの場所を登録すると、他のユーザーがその情報を見たり、参考にしてトイレが利用できるのが魅力です。
ユーザー数と情報量がトイレ情報共有マップくんのキモなので、広告表示ありの無料で提供されています。
情報はユーザーによって充実具合が変わることから、地方よりも都市部や都内の方が充実している傾向です。

車いすで入れる公衆トイレ

誰もが使いなれた地図とルート表示案内機能

しかし、少しずつユーザーが増えていますし、満足感を覚えているユーザーは少なくないので、現状でも既にかなり使えるアプリだと思われます。
機能としては誰もが使い慣れた地図が画面に表示され、画面上にトイレの場所がピンで表される形です。
スクロールしながら探したり、最寄りのトイレを確認するのも簡単です。
目的の場所でトイレが見つかったら、ルート表示で道のりが分かる案内機能が利用できます。

目的がシンプルかつ海外のトイレにも対応

トイレ情報共有マップくんの良いところは、目的がシンプルで地図機能を活用していることから、海外のトイレにも対応可能な点にあります。
これまでに、日本人が訪れる海外の主要な場所のトイレが共有情報に追加されたり、共有されるようになっています。
海外での利用者も少なくないので、開発提供元のファービヨンドは日本語の他に、英語と簡体字中国語に対応しました。
日本国内だと和洋式トイレの場所が分かりますし、車椅子でも利用できるか否かが確認できます。

写真付きで現地の様子が分かるから安心

海外のトイレだと流石に和式はレアですが、写真つきで現地の様子が分かるので安心です。
事前に写真で確認できると、雰囲気や機能が把握可能ですから、訪れる前にシミュレーションしてから足を運べます。
初めて利用するトイレは、国内外を問わず衛生や治安が気になるものですが、特に海外だと不安がまとわりつきます。
ところが、トイレ情報共有マップくんが使える場所なら不安は解消されますし、実際に利用して評価や情報共有をすることで他の方にも役立ちます。

海外でも安心のトイレ情報共有マップくん

トイレ情報共有マップくんはポテンシャルを秘める、有益で公共性のあるアプリですから、今後の進化に目が離せないです。
もっと普及して定着が進めば、トイレ探しのスタンダード的な存在になり得るので、利用がまだの方は今からでも使い方を覚えて活用することをおすすめします。

トイレマップスクリーンショット