オストメイト対応トイレが見つかる「トイレ情報共有マップくん」

オストメイト対応トイレが見つかる「トイレ情報共有マップくん」

みなさんはオストメイトをご存じですか?

多目的トイレなどで見かける、下記のマークが
オストメイトの方を表し、オストメイト対応のトイレとなっております。

駅や病院などの公共機関で、みかけられた方もいるのではないでしょうか。

入ってことのある方は、シャワーがおいてあるのを見かけませんでしたか?
それがオスメイトの方に必要な設備なんです!

オスメイト?
車いすの方が利用するトレイとは何が違うの?
と最近までは思っていました。

職場の同僚が打ち明けてくれたの、その存在と知ることができました。

とても勉強になりましたので、
オストメイトと、必要なトイレ設備についてまとめてみましたので、
参考にしていただければ幸いです!

オストメイトトイレも探せるアプリもありましたので、後ほど紹介いたしますね。

オストメイトとは

病気や事故が原因で、
お腹に排泄のためのストーマ人工肛門人工膀胱)」を造設した人を、
オストメイト」といいます。

排泄物が、お腹から出てくる構造で、排泄物を我慢する機能がありません

なので、便や尿を溜めておくためのパウチ(袋)が取り付けられています。

普通のトイレだと、お腹から排泄物を出すのは困難で、
様々な機能が携わったトイレが必要なんですね。

オストメイトの方に必要な設備

オストメイト対応のトイレの洗面所は、
一般的なトイレとは違い大きいですよ。

高さは腰ぐらいで、
立ったまま排泄物の処理ができるようになっています。

急にパウチが剝がれてしまったり、破損した場合の緊急時に、洗浄が必要なため、
シャワーがついていますよ!

流しが広々使え、汚れても落としやすくなっています。

洗面所と言ってしまいましたが、
洗面所のような見た目なだけで、
洗浄ボタンがあり、これがオストメイト専用のトイレですね!

大きな鏡が正面にあるので、腹部の確認をしやすいのも特徴です。

またパウチ・しびん洗浄水栓と、背もたれを一体化したトイレもあります。
背もたれにシャワーヘッドが収納されていて、手元でハンドル開閉・流量調整ができますよ。

多目的トイレを必要とする人

同僚が打ち明けてくれるまで、
私もオストメイトを知りませんでした。

洋服の上からだと、車椅子や子ども連れとは違い、
見た目からは障害があると気づかれません

混雑時に、多目的トイレに入るときは、
周りの視線がきになるようです。

事情を知らなかったら、嫌な目を向けるかもしれませんね。

多目的トイレは、見た目に限らず、
必要とせざる得ない人が多くいる学びました。

オストメイト対応トイレを探せるアプリ

私は過去に、膀胱炎になったことがあります。

その時期は、
トイレに行ってもすぐに行きたくなったり、
尿を我慢すると下腹部が痛いなどといった症状がありました。

その時、よく利用していたのが、「トイレ情報共有マップくん」です。

現在地から近くのトイレを探せたので、駆け込むことができましたよ。

オストメイト対応トイレ」を探せるのかな?
と思い、絞込み検索欄を見たら、対応していました!

そのことを同僚に伝えると、とても喜んでくれましたよ。
早速ダウンロードしてくれました!
しかし、アプリ上では登録数が少なく設置個所も限られていて
まだまだ普及されてないのが現状なのでしょうか。

トイレのピンは、ユーザー投稿型なので、
見つけ次第、共有しますね!

これからは「トイレ情報共有マップくん」を使って、
お互い、トイレの時間を気にすることなく楽しめたらいいなと思います!!