「トイレ情報共有マップくん」とお花摘み?

「トイレ情報共有マップくん」とお花摘み?

お花を摘む
この言葉を、耳にしたことはあるでしょうか。

「お花を摘みに行く」と聞いたら、
なんだか、メルヘンチックな印象を受けますが、
「女性が用を足す」時に、使われる言い回しで、
冗談も含め、1度は使ったことがある方もいると思います。

そこで、なぜ、そのような言い回しをするようになったのか、
気になったので、調べてみました。
「トイレ情報共有マップくん」とお花摘み?

「お花を摘む」の由来は?

実は、元々、登山用語なんです!

なるほど、
だから、花という自然界のものを、
表現として用いているのですね!!

しかし、「お花を摘む」と「トイレ」、
この二つに、共通点はなさそうですが、
女性が、用を足すときは、しゃがみますよね。

その姿が、お花を摘んでいる姿に似ていること
言葉の響きが女性らしいということから、
女性が大小問わず、用をたすときに、
「お花を摘む」と言うようになったらしいです。

もし、知らない方がいて、お花のことを指摘されてしまったら、
その時は、丁度良い花が摘めなかった、
などと、お茶を濁しておきましょう!

山の中の木陰などで、
女性が用を足すことを指す、登山専門用語としり、
普段から、使用するには、そぐわない表現だとわかりました。

しかし、登山に行ったときには、
ぜひ、お上品に「お花を摘みに行ってきます」と使っていこうと思います。

しかし、男性の場合は、
なんと言えばいいのでしょうか。「トイレ情報共有マップくん」とお花摘み?

男性の言い回し

「お花を摘む」という、女性のトイレを指す隠語同様、
男性の場合の言い方も存在し、
それが、同じく登山用語で「雉打ち(きじうち)」というものです。

男性は、立って用を足すので、
その後ろ姿が、猟師の「雉打ち(きじうち」の姿に、似ていることから、
こう呼ばれるようになったらしいですよ

また「お花を摘む」との違いとして
雉打ち(きじうち)」には二種類あり、
大の時は「大雉(おおじき」、小の時には「小雉(こじき」、
といった使い分けもあるということです。

なんとなく知っていたという方でも、
改めて理解すると面白いですね。

「お花摘み」と「雉打ち(きじうち」といった言い回しは、
日本人独特の言葉遊びや、ユーモアが感じられる、
隠語の奥深さには驚かされます。「トイレ情報共有マップくん」とお花摘み?

お花を摘みに行くには勇気がいる

「お花を摘む」という表現は、登山用語と先程、お話しましたね。
そして、実際に「お花を摘みにいく」ことは、勇気がいり、
できれば避けたい状況、、、

そんな時、「トイレ情報共有マップくん」というアプリを使用すると、、
山の中でも現在地から、トイレを探し出せて便利ですよ。

山の中だと、電波が繋がらない場所も出てくるのでは、
そしたら、調べられない、と思うかもしれませんが、
現在位置以外にも、
「地名検索」で絞り込み、調べることも出来ますので、
ぜひ、登山の事前準備としても、
トイレ情報共有マップくん」を活用してみてはいかがでしょうか。
富士山を検索すると、このように、数か所見つけることが出来ました!

ダウンロードはこちらから
「トイレ情報共有マップくん」の紹介「トイレ情報共有マップくん」とお花摘み?