11月 今の時期にピッタリに服装とは?防寒対策をして「釣りスポット情報マップ」で釣りに行こう!

11月 今の時期にピッタリに服装とは?防寒対策をして「釣りスポット情報マップ」で釣りに行こう!

これからどんどん寒くなるに連れて、
釣りに行くときにどんな格好をしていいか悩みますよね。

特に今年の11月では、平均気温は平年並みか高いと言われ、
どこまで防寒していくべきかで悩まれると思います。

そこで、今回は、
今の時期に釣りに必要な服装を紹介していきますね!

釣りで寒い思いをしないためにも、備えていきましょう!
備えあれば患いなしですよ!参考にしていただければ幸いです。

11月半ばの天気予報

11月上旬は気温が平年より高かった傾向ですが
11月半ばからは、気温がグッと下がるといわれています。

また、朝方は間違いなく冷え、1桁台に下がることもあり、
日中の最高気温ではなく最低気温を参考にしてみてくださいね。

上下の服装

インナーは長袖のTシャツや、ヒートテック素材のインナー等
好みで選ぶといいでしょう。

日中に釣りに行く時は、
ヒートテックを避けてアウターで調節することも出来ますね。

そして、インナーの上には、フリースセーターにして、
中間にあたる服はしっかり体を温めてくれる素材がいいですよ。

そして、最後に羽織るアウター
上着は「防風性」「防水性」「透湿性」を備えたものを選ぶようにしましょう。

防風性 冬場の冷たい風をシャットアウトし、中に着ている服の保温性を保つ。
防水性 波しぶきや突然の雨を弾き、中に着ている服が濡れないようにする。
透湿性 体から発生する湿気を外へ逃がし、裏地の結露や汗冷えを防ぐ。

1番外に着るものは風を通さない素材にしておくことが大事です!
一番外に着るものが風を通してしまうと、
常に風が吹いている海だと防寒できなくなってしまいますよね。

アウトドア用のもので風を通しにくく
裏起毛とか、ダウンとか、かつ寒さに耐える仕様になっているもがいですね。

下は、間違いなく濡れるのでゴアテックスなどしっかり防水してくれるものを選びましょう。

1枚だけだと寒い場合もあるので、インナーを発熱素材のものにすると安全だと思います。
12月中旬真冬になると必須アイテムでもありますね。

その他

海釣り、特に船上の風では手が凍えやすいので、
風を通さないグローブを準備しておきましょう。
ラインでの怪我防止にも役立ち、耐寒という点で意外と大事なんです。

そして11月でも足元はしっかり冷えてきますので、
釣り用のゴム長靴のサイズを1サイズ大きくして、登山用靴下をはくと快適な釣りになりますよ。

それだけでは、もの足りない方は
足の甲から指先のあたりにかけて、靴下の上からホッカイロを貼るがおすすめです。

首元や耳などを寒さから保護するのにネックウォーマーも必要ですね。
荷物の中にとりあえず入れておくと心強いアイテムです。

釣り人おすすめアプリ「釣りスポット情報マップくん」

海釣りだと、街中で過ごしているときより風もあるし、
日の出前や日の入り直後など一番寒い時間ですので、
油断しないように暖かい服を重ね着して防寒対策をしっかりしましょう。

さて、準備が出来たら、どこに釣りに行くかですよね。

釣りスポット情報共有マップくん」とうアプリを皆さんご存じでしょうか?
「釣りスポット情報共有マップくん」は、マップ上で釣りスポットが探せるアプリです。

そして、マップ上のピンをタップすると、釣り場の詳細をチェックでき、
この詳細はユーザーが登録更新して情報を共有することができますよ。

大きな魚が釣れると、釣果結果を残したくなりますよね。
コメントに、釣果結果を残して自分の記録もつける事にも利用できますよ。

ナビゲーション機能も搭載しておりますので、
アプリひとつでアクセス方法も調べられます。

釣り情報共有マップマップくん」で情報共有しながら釣行すると、
より充実した日になることでしょう!

ダウンロードはこちら
Google Play ストア
Apple ストア