深海魚と出会うチャンスを作ってくれた「釣りスポット情報共有マップくん」

深海魚と出会うチャンスを作ってくれた「釣りスポット情報共有マップくん」

「深海魚」と聞くと、何を思い浮かべますか?

深海魚とは、
一般に、水深200メートルより深い海域に住む魚類を深海魚と呼んでいます。

ただし、成長の過程で生息深度を変える種類や、
餌を求めて日常的に大きな垂直移動を行う魚類も多く、
「深海魚」という用語に明確な定義が存在するわけではありません。

神秘的な響きで、謎に包まれた深海魚を、
今日は紹介していきます。

深海魚と出会うチャンスを作ってくれた「釣りスポット情報共有マップくん」

 

イチオシの深海魚

深海魚は多種にわたります。
昔から姿を変えていないものから、エサが少なくなったため、
深海に行かざる得なった深海魚います。
水圧に強い体、陽の光に弱い魚が多く、
代表的な魚の形をしていない、不思議な形をした魚が深海魚には多くみられます。

子供に人気で知名度のある「ダイオウグソクムシ」
有名な深海生物です。見た目は、ほとんどダンゴムシです。
グッズ化もされており、今では癒しの存在として君臨しています。
最大の特徴は、3500ほどの複眼が頭部に存在しているところです。
体長は最大で50センチにもなります。

世界で最も醜い生き物に認定された「ブロブフィッシュ」
「太ったおじさん」「グロテスクで気持ち悪い」「見てられない」
海外でも話題になり、ついに、世界で最も醜い生き物。として認定されました。
とんでもない言われようです。
私も最初見た時は、疲れ切ったサラリーマンと思ってしまいました。
ブロブフィッシュもダイオウグソクムシと同じで、
”きもかわいい”とスポットライトを浴びて、グッズ化。
今では、グッズの売り上げが常に上位に入る人気者です。

ゲームで有名になった「リュウグウノツカイ」
神秘的で不思議な深海魚といえば、リュウグウノツカイは外せません。
一般的な長さは3メートルと細く長い形をしており、
鱗や歯、浮袋さえない、深海魚代表な見た目をしています。
長いものになると、11メートルの長さを誇ります。
日本昔話に出てくる、浦島太郎を案内した魚に似ている事から、
リュウグウノツカイという、名前が付いたという説があります。

意外と知られていない「クリオネ」
水族館で必ず目にするクリオネも、実は深海魚です。
深海魚と知られていない理由が、クリオネは、深海600メートルに多く生息しています。
その中でも、水深200メートルよりも浅い場所に、
上がって来ることが出来る、深海魚です。
水族館にいるクリオネは、水深など気にせず展示されているので、
深海魚だと気づきにくいですよね。

最も深い海に住んでいる「マリアナスネイルフィッシュ」
深海魚の中でも、一番深い場所に住んでいる生き物。
水圧に負けず、人間の目から離れた場所でひっそりと暮らしています。
マリアナスネイルフィッシュは、水深約8000メートルに生息しています。
水圧だけで、ゾウ1600頭分の重さがあるそうです。
想像が全く出来ないです。とても重いということだけ、わかりました。

深海魚と出会うチャンスを作ってくれた「釣りスポット情報共有マップくん」

 

日本でも深海魚は釣れる

釣りのジャンルの中にある「深海釣り」を知っていますか?
その名の通り、専用リールの機械を使い
水深350メートルまで餌を落とし、深海魚を釣ります

私は深海釣りを知ったのは「釣りスポット情報共有マップくん」が、きっかけでした、
ある日、海の近くまで来たので、釣りをしようと思い、
釣りスポット情報共有マップくん」を開きました。
ユーザーの意見が載っているので、見てみると、
私のいた場所がちょうど、深海釣りスポットだったんです。

そこから、深海釣りを調べ、釣りにも行きました。
まだ出会ってない魚に出会える楽しさがありました。

GPS機能付きなので、迷子になることなく、
いつでもスムーズに釣りを始められます。
釣り好きの方には、ぜひ使ってほしいアプリです。
釣りスポット情報共有マップくん」を使って良い釣りライフを楽しんでくださいね!

深海魚と出会うチャンスを作ってくれた「釣りスポット情報共有マップくん」