梅雨だからこそ「釣りスポット情報共有マップくん」で釣行!

梅雨だからこそ「釣りスポット情報共有マップくん」で釣行!

休日の楽しみに計画した釣りも、
当日、雨の日だとテンションが下がりますよね。

中止にすることも、しばしばありました。

これら梅雨に入ると、
釣りに出かける機会も減るかもしれない。

と昔の、釣り初心者の自分なら思うかもしれません。

しかし、雨の日の方が、釣れやすい魚もいるとしり、
ラッキーと思えるようになりましたよ。

これから、雨が続きますが、
注意しながら、その梅雨だからこその釣りを楽しみましょう!

私が使用しているアプリ「釣りスポット情報共有マップくん」では、
釣れる魚が検索できるので、エサの準備に役に立ちますよ。

防波堤で仲良くなった釣り人に、教えてもらい、
今では使いこなし、情報を共有するまでになりました。

雨の方が釣れる理由

気圧の関係上、雨の日は気圧が下がることにより、
浮き袋と呼ばれる空気が入った袋を持っている魚たちが、浮きやすくなります。

また、雨が降ることによって、水は濁り、
この濁りによって、魚から、釣り人や仕掛けが見えにくく、気配を消しやすいことや、
エサとなる虫類や、その他の有機物が流され、積極的にエサを取りに来るから、
と様々な要因が重なって、魚がつれやすくなるといわれています。

雨の日はよっぽど釣りが好きな人でない限り、控えますよね。
そのため普段混みあう場所でも釣り人が少なくなり、
魚も油断してより、岸際によっていることが多いといえます。

普段、人気でなかなか行けない釣り座も、確保しやすく、
堤防であれば、先端の風通しが良い場所をキープですね!

海釣り 釣れやすい魚

雨によって釣れやすくなる魚は、
シーバス」「ヒラメ」「マゴチ」です。

川などの流れ込みがあるポイントでは、シーバスが釣れますよ。

雨で潮目が発生しやすくなる為で、
ヒラメ、マゴチの魚も、これらの潮目に従って小魚たちが移動することが多いので、
潮目の下には、ヒラメやマゴチがいる可能性が高いと推測できます。

川釣り(淡水) 釣れやすい魚

梅雨時や夏場の雨は、多くの場合、ブラックバスの活性にプラスに働きます。
人より釣りたい場合は、積極的に雨の日に釣行しましょう!

他にも、増水によってできた浅瀬で、ナマズもよく釣れますよ。

釣りスポット情報共有マップくん」で、
これらの釣れる魚を検索して、梅雨も釣りを楽しんでください。

雨の日の持ち物

釣る場所にもよりますが、
堤防はもちろん、磯場テトラポットで釣りをする時は、とくに注意して下さい。

雨のせいで、視界も悪くなり、滑りやすくなっています。

雨の日に安全に釣りをするために、
レインウェアレインキャップレインブーツ
雨の日に限らずですが、ライフジャケットも、もちろん必須ですね!

釣りスポット情報共有マップで行きたい場所へ

釣りスポット情報共有マップくん」で、釣れる魚を検索できるとお伝えしましたが、
他にも便利な機能がたくさんあります。

マップアプリなので、GPS搭載
現在地から近い、釣り場までナビゲーション可能です。

また、絞り込み検索で、
海釣り川釣りから、
桟橋防波堤室内釣りなどといった、細かく検索もできますよ。

ピンはユーザー投稿型なので、
気軽に、情報を共有していただけたら嬉しいです。

ぜひ、「釣りスポット情報共有マップくん」で、釣りを楽しみましょう!

ダウンロードはこちらから
Google play
App Store