家族で釣り!「釣りスポット情報共有マップくん」で「湯ノ湖」へ

家族で釣り!「釣りスポット情報共有マップくん」で「湯ノ湖」へ

日光といえば、まずは何を思いうかびますか?

世界遺産に登録されている「日光東照宮」をはじめ、
日本三名瀑「華厳の滝」、
渓谷に立ち並ぶ温泉郷「鬼怒川温泉」、
など、まず初めに思い浮かべるかもしれませんね。

美しい自然と、
歴史的な史跡が数多く残る、関東屈指の観光地です。

私も家族と、友人と、
何度か日光へ観光に訪れたことはありました。

そして、最近、釣りにはまっていまして、
「そういえば、日光って滝や湖があるから、そこで釣りができないかな、
家族も旅行が楽しめて、釣りもできたら最高!
と思い、日曜日の早朝、釣りに出かける自分を反省し、調べたたころ、
湯ノ湖」にたどり着きました。

「湯ノ湖」の魅力

湯ノ湖は、栃木県日光市湯元にある自然湖です。

日光からいろは坂を登り、中禅寺湖の横を通り過ぎ、
戦場ヶ原のさらにその奥にありますよ。

奥日光と呼ばれているエリアですね。

中禅寺湖は「華厳の滝」がある湖で、
人気のある観光地としてご存じの方も多いでしょう。
そこでは、遊魚券を購入すれば釣りを楽しむことができますよ。

しかし、「中禅寺湖」ではなく「湯ノ湖」にした理由は、
毎週土曜日と日曜日、祝日の昼の12時に魚の放流が行われ、
放流時間帯を狙えば、
初心者や子供でも釣果が期待できる管理釣り場的な湖だからです。

自然の湖でありながら、
管理釣り場並みに、初心者や子供でも釣りやすいのが魅力と思いました。

また、湯ノ湖のすぐ隣には、
奥日光湯元温泉のホテル・旅館街が広がっていますので、
温泉釣りを両方楽しめる、いいとこどりスポット!
と、家族を誘いやすかったのもあります。

温泉に行きたがってた妻の承諾を得、
小学校低学年の息子も、
自然の中で釣りができるのを楽しみにしてくれました。

家族で楽しむ「湯ノ湖」

舟の貸し出しや、お食事処でもある「レストハウス」前から、
白根沢の流れ込みあたりまでは、ウエーダーがなくても岸から釣りができるエリアでした。

ここで、魚の放流が行われ、
魚影も濃く、息子も自ら釣れる場所を探して楽しめていましたよ。

放流したてのトラウトがヒット!

釣りをはじめたばかりは、何も成果を得られないと、
つまらないと感じてしまうので、
息子にも、こうやって釣れる感覚達成感を味わえて嬉しく思います。

そうしていくうちに、
違う場所にも行ってみたい!と息子発信で湯ノ湖を散策しましたよ。

ウェイダー着用の、本格的なアングラーが集まる場所もあり、
初心者から上級者まで、十分楽しめるポイントが湯ノ湖にはたくさんありました。

妻は正直、魚を触りたくないようでしたので、
ハイキングを楽しんだり、私たちの応援をしてくれたりしました。

私のわがままに付き合わせてしまった旅行でしたが、
息子との時間も取れ、これからも一緒に釣りを楽しめたら嬉しいですね。

妻も「久々の温泉で、リフレッシュできた!」と喜んでくれました。

「釣りスポット情報共有マップ」で見つけたスポット

今回の釣り場を探すのに参考にしたのが「釣りスポット情報共有マップくん」です。

釣りスポット情報共有マップ」くんは、
名前の通り、マップ上に「釣りスポットの情報を共有」していくアプリですよ。

ユーザーがマップ上に「釣れるスポット」を登録し、
釣果情報が見れるので、信頼できる情報で参考になります。

現在地地名検索から、
登録された釣りスポットを検索でき、
ナビゲーション機能も搭載してますので、土地勘がなくても安心ですね!

マップアプリなので、周辺の情報も一目でわかり、
今回の「湯ノ湖」は、温泉街の近くにあるとわかりました。

釣果が得られないから、マップを開いて移動先を探す、、
釣り具屋の近くの釣りスポットを探す、
室内釣りできる釣りスポットを探す、

など、様々なシチュエーションでも役に立つマップアプリですので、
ぜひ「釣りスポット情報共有マップくん」で釣りを楽しんでいてくださいね!

ダウンロードはこちら
Google Play ストア
Apple ストア