奈良県でも使える「釣りスポット情報共有マップくん」

釣りを楽しむお供は「釣りスポット情報共有マップくん」

日本は海に囲まれているため、釣りの文化は根強く残っており、
現代にも受け継がれています。
始めは生きるために釣っていた魚も、釣る楽しさに気づき、
魚を釣り、魚を逃がし、また魚を狙う「キャッチ&リリース」釣りが存在するほどです。
狙った魚を自分の狙い通りに釣りあげるた時の感覚は、言葉にできないほど興奮します。

日本海で釣れる魚は、
春はマダイが産卵のため深場から浅瀬へと集まってくる“乗っ込み”のシーズンです。
その他にもメバルやスズキ、ホウボウ、アオリイカなど、様々な魚種が釣りやすくなる季節です。

夏は一年のうちで最も水温が上昇し、高水温に強い魚種の活性が高くなるシーズンなります。
暖かい海流の黒潮にのってやってくる『初鰹』は、今も昔も初夏の味覚として知られていますよね。

秋になると、海水・淡水ともに冬前の荒食いで魚の活性が高くなる、大漁が期待できる季節です。
日本海側ではアオリイカが最盛期を迎え、多くの釣り人で賑わいます。

冬は気温・水温ともに下がり、一年の中で魚全般が釣りにくいシーズンに入ります。
そんな季節でも低水温に強い魚種には冬の寒さも関係ありません。
カワハギやヒラメ、深海のオニカサゴ等が狙い目の時期です。

まだまだ、紹介していない魚も多いですが日本海では、多くの魚が取れます。
海の幸の宝庫、日本!と言われているのには、まだ秘訣があったんです。

釣りを楽しむお供は「釣りスポット情報共有マップくん」

海に面してない土地でも釣りは大人気

日本には海に面してない県が8つあり、そのうちの1つが奈良県です。
奈良県では「アメリカナマズ釣り大会」が開かれるほど、釣りは楽しまれており、
そのほとんどが川釣りになります。
アマゴ、イワナ、ニジマスなどが釣れる事で有名なので、
週末は県外の釣り好きの人たちが集まり、賑わっています。

奈良県の川釣りは、川が浅い上に岩場も多く危険が伴います。
ルアーが岩に引っ掛かったり、岩に隠れた魚は見つかりずらい事も多く、
足場も石で不安定なため、初心者には向いておらず、
ベテランの釣り好きが自分の腕を試したいと、挑戦している姿をよく見かけます。

諦めるのはまだ早いです!なぜなら、全てのコースが難しい訳ではありません。
初心者でも安全に釣りができ、釣り経験者でも楽しめる釣りスポットを探してきました!

井氷鹿の里・もりもり館

奈良県吉野郡上川村にある、釣りスポット「井氷鹿の里・もりもり館」です。
周囲には、旅館や宿も充実しているので移動時間を気にしないで、
釣りに集中したい人は、宿泊も出来るので嬉しいですね。

井氷鹿の里・もりもり館」の周りの川ではアマゴ、アユが多く釣れています。
足場もしっかりしているので、子供や女性でも釣りに参加しやすく、
分からない事は、スタッフに聞けばすぐに対応してくれます。
さらに、私はイチオシしたい「井氷鹿の里・もりもり館」の良い所が、
釣った魚を焼いて、その場で食べれることです!

キャッチ&リリースをして釣りを楽しむのもよし、
釣った魚を新鮮なうちに調理してもらい、食べるのもよし!
釣りを楽しめて、自分で釣った魚をその場で食べれる、
一度に二度おいしい体験をぜひ、楽しんで欲しいと思っています。

釣りを楽しむお供は「釣りスポット情報共有マップくん」

釣りスポットを見つけるために利用したアプリ

今回紹介した場所以外にも、奈良県には素敵な釣りスポットが沢山あり、
川や池釣りなども楽しめる施設があります。
奈良県に来たけど、土地勘が無くて釣りスポットが見つけられない、
現地にたどり着けるか不安を感じる事もあると思います。
そんな時に活用して欲しいアプリが「釣りスポット情報共有マップくん」です。

旅館や目的地の近くの釣りスポットも教えてくれるので、釣り初心者でも気軽に使えます
さらに、土地勘が無くてもGPS付きなので、目的地まで案内してくれます。
釣り好きには、たまらないアプリになっていますので、良ければ使ってみてくださいね!

釣りを楽しむお供は「釣りスポット情報共有マップくん」