台風一過で釣果UP⁉魚の特徴を知り「釣りスポット情報マップくん」で検索!

台風一過で釣果UP⁉魚の特徴を知り「釣りスポット情報マップくん」で検索!

9月末から10月初めにかけて、台風が来ましたよね。

このブログを書いている頃には、台風一過の晴天が続き、
真夏並みの気温で、釣果が上がる魚もいるので、釣り人には嬉しい天気です!

台風が来た後と来る前は、魚がよく釣れると言いますが、
特に台風が来た後は海の環境が大きく変化していることが多く
基本的には多くの魚が釣りにくくなりますね。

しかし、魚の特徴によっては、
大きく釣果アップを狙えますので、チェックしていきましょう!

クロダイ

クロダイは、台風が来た時に最も釣れる魚ですよ。
普段は警戒心が高く、浅い水域にいるクロダイほど狙いにくいとされていますが、
台風などによって起きた波の影響で、堤防付近についているカニや貝などが剥がれ、
それらを狙いにクロダイが堤防近くに近づくからです。

しかも、台風後の海は濁っていたり、波が少し荒れているときが多く、
魚の警戒心も薄れているため非常に狙いやすくなりますよ

シーバス

シーバスも波などの影響で剥がれたカニや貝などの小型生物を捕食するほか、
巻き上げられた海底の生物も捕食しようとするため、捕食活動が活発になります。

そのため、台風後などで波が荒かったり雨が降っていたりする場合は、
警戒心が薄くなり、ルアー釣りやエサ釣りなどで通常よりも手軽に狙うことができます

青物

太刀魚などの青物系の魚は、台風が来ている真っ最中は、
基本的に被害が少ない水深の深いところに行くか、
より沖合のほうに出ているので、満足にエサを食べていない状態です。

なので、台風が去った後は、空腹の状態で沿岸付近に帰っ来るので、
通常時よりもさらに活発に餌を求めるため、より釣れやすくなる魚ですよ。

ブラックバス

ブラックバスは、変化にとても影響されやすい魚で、
台風などによって住んでいる場所の少しの変化に対して興味を持ちやすいという特徴があります。

台風の影響で、
いつもより水の流れているスポットがあれば、エサを狙いにブラックバスが来ていますよ。

「釣りスポット情報マップ」で釣果アップの魚をチェック!

以上、台風後に釣れやすくなる魚を紹介いたしました。

しかし、台風接近中での釣りは大変危険ですので、
天気予報をチェックして、絶対に行わないようにしましょう。

釣れる魚をチェックしたら、
ぜひ「釣りスポット情報共有マップくん」で、釣れるスポットを探してみてください!

「釣りスポット情報共有マップくん」は、
マップ上で釣りスポットが探せるアプリですよ。

現在地、地名検索からスポットを探せるほか、
釣りたい魚の名前で検索できるので、
環境によって釣果結果が出やすい魚の釣りポイントをチェックできますよ!

台風一過で、真夏並み天気なので、
熱中症にはくれぐれもお気をつけてくださいね。

また、大気の状態も不安定なことが多く、
強風や高波が続いていることも十分に考えられます、
普段から行き慣れている場所であっても油断は禁物です。
何より安全第一で釣りを楽しみましょう!!

ダウンロードはこちら
Google Play ストア
Apple ストア