北海道「鮭釣り」釣行の注意点! ~釣りスポットマップ~

北海道「鮭釣り」釣行の注意点! ~釣りスポットマップ~

雄大な大地「北海道」では、
豪華な海鮮丼、ジューシーなジンギスカン、
濃厚なソフトクリームなど、魅力的なグルメがたくさんありますよね。

その中でも、新鮮なウニ、カニ、イクラなど海鮮類は、
北海道グルメの代表格ではないでしょか。

そして、北海道の秋といえば秋鮭ですよね!

魚種多彩な北海道の海、釣り人憧れの土地で、
脂の乗った天然の秋鮭をこの手で釣ってみたいと、
思うかもしれませんが、北海道で釣りをする際は、
とても大事な注意事項があります!

知らないと、「罰則が課せられ違法行為をしていた」ことになりかねませんので、
早速、注意事項を見ていきましょう!

北海道の河川でのサケ・マス釣りは違法

北海道のフィッシングルールによると、

北海道の内水面(河川・湖沼)では、水産資源保護法・北海道漁業調整規則により、
サケ・マスの採捕が禁止されています。

サケ・マスを採捕しようという行為そのものが禁止されていますので、
サケ・マスを狙って採捕した場合は、リリースしても犯罪となります。

これに違反した場合は最大で6月以下の懲役と10万円以下の罰金
があわせて課される可能性があります。

海であればサケ・マス釣りは可能ですので、浜辺からルアーで狙いましょう。

そして、海釣りをする時にもまた注意が必要です!

資源保護のため「ひっかけ」禁止

魚に釣り針に食いつかせるのではなく、
意図的に魚の身体に釣り針を引っ掛ける行為ひっかけ」は、
えさやルアーを使うよりも短時間で大量に釣れるため、
資源保護の観点からサケなど特定魚種に対して禁止しております。

しかし、小樽市では9月下旬、小樽海保が道漁業調整規則違反容疑で
「ひっかけ」をしていたとして、5人を摘発しました。

北海道で秋サケを狙う釣り人の違法行為が後を絶たないのも現状です。

また、
シーズン中の混雑する海岸に、場所取りの杭を打ち込む行為も禁止しておます。

場所取りのためくいを打ち込む人も相次ぎ、
道東の網走市と斜里町では9~10月、
許可を得ずに工作物を設置することを禁じた海岸法に抵触するとして、
警察が大量のくいやロープなどを撤去した事例もありました。

海上保安本部は取り締まりと警告を強化をしているようですが、
今後、ルールを守らない人が多くなれば、
海での釣りも禁止になる可能性も出てくるのではないでしょうか。

北海道を代表する食材、鮭は、
自然環境保護の目に見える指標でもあり、守るべき文化です。

産卵のため遡上してるサケを取るとサケの数が減少していくため
大量に捕れる「ひっかけ行為」は禁止としている、と理由があります。

仮に引っ掛け釣りではなくて普通に餌で釣れるとしたら、
餌で釣ることも禁止されますよね。

以上の点を踏まえて、北海道で釣りをする際は、
ルールを守り釣りを楽しんでくださいね!

摘発、禁止と印象強い言葉が多くなってしまいましたが、
これはあくまで一部であって、
もちろん、ルールを守って釣りを楽しんでいる方々はおられます!

怖がらずに、ぜひ雄大な大地で釣りを楽しみましょう!

その際に、釣り人におすすめのアプリがありますよ!

■釣りスポット情報共有マップくん

釣り人におすすめのアプリは、「釣りスポット情報共有マップくん」です。

釣りスポット情報共有マップくん」は、
釣りスポットがマップ上で把握でき、情報を共有できるアプリです。

北海道は、西側を日本海、北側をオホーツク海、南東側を太平洋と、
3つの海に囲まれて、釣りスポットが多くありますよね。
魚種多彩な北海道の海でしか出会えない魚もいます。

どこまで釣りに行こうか悩まれたとき、
釣りスポット情報共有マップくん」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

マップ上のピンは、ユーザーが登録でき、コメントを残すことができるので、
情報を共有しながら、釣れるスポットを見つけることができますよ。

コメントには、
釣れた時間帯や魚の種類、サイズ等の釣果結果や禁止エリア等も記載されてるスポットもあり、
ホームページでは得られない情報が集まっています。

Googleマップ連動GPS搭載のため、
アクセス方法もアプリ内ですぐ調べることができますよ。

アプリで、簡単に釣りスポット検索でき、
カーナビとしても使えるので、車で釣りスポットを巡りできますね。
北海道での釣りがより充実したものになることでしょう!

ダウンロードはこちら
Google Play ストア
Apple ストア