「釣りスポット情報共有マップ」で釣りに行くときはライフジャケット着用!

「釣りスポット情報共有マップくん」釣り場に合わせたライフジャケット着用を!

釣りをするとき,
みなさんはライフジャケットは着用しますか?

釣りに行くと、
ライフジャケット着用せずに、ラフな姿で釣りをしている姿を、たまに見かけ、
「本当に必要?」「つける意味ある?」といった方もいると思われますが、
ライフジャケットの着ける意味や役割、種類を紹介していきますね!

最後に、釣り人必須アプリ「釣りスポット情報共有マップ」を紹介いたします!

ライフジャケットとは?

ライフジャケットは、
日本語では救命胴衣とも呼ばれている、安全のための装備品で、
正しく身に着けておくことで、落水しても体を浮かせやすくしてくれます。

釣り以外にも、ジェットスキーなどのマリンスポーツから、
フェリー・飛行機などの緊急時用備品としてまで、
淡水海水問わず、水と関わりのあるあらゆる場面で使われていますよ。

釣り人向けの物としては、
ポケットが多くついていたり、非常にコンパクトサイズだったりと、
安全性はそのままで、釣りで使うのに適した形になった製品が多く販売されており、
釣具屋さんなどで一般的に入手することが可能です。

本当に必要?

もちろん、安全のため釣りには必須アイテムです!

釣り場は、危険と隣り合わせの水辺ですよね。

そこで、足を滑らせて水に落ちてしまった
そんな時でも、ライフジャケットを適切に使っていれば、
浮き輪のように体を浮かせてくれることで、
溺れてしまうリスクはかなり抑えられるはずです。

他にも、落水直後に頭を打ってしまって、気を失ったまま落水し、
たとえそこが、足の着く場所であっても
溺れてしまう可能性もあり得ることですよね。

でも、ライフジャケットを着用していれば、
溺れてしまう危険性はグッと抑えられるでしょう。

そして万が一、落水して帰らぬ人になってしまった場合でも、
ライフジャケットがあれば遺体の発見が可能となるケースは多いそうです。

これは残された人のためにも非常に大切なことなんです。

ライフジャケットの形

①ベスト方式
ライフジャケットと言えば大体イメージするのがこちらのタイプです。

大きな浮力体が入っているので
重く、動きづらいのが難点ですが、
値段も幅広く、種類も多いので選ぶ選択肢が増えますね。

さらに釣りに必要な道具を入れるポケットなど、
機能満載なので、釣りにいくならまずはこの形がおすすめです!

②肩掛け式
マフラーの様に、肩から掛けてお腹辺りでベルトで固定するタイプです。

万が一転落して海上に浮いた姿勢の時、
首の周りに浮力体があり、顔が水面より上に上がるので、
安全性能が高いタイプになりますよ。

③ベルト方式
ウェスト部分に巻いて使用し、
肩掛けタイプとは違い、かさばらないために自由に動く事ができます。

膨張した時は浮き輪みたいに開きますよ。

ライフジャケットの種類

①浮力体式
浮力のある発砲素材が入っており、
そのままで浮くことができるタイプになります。

海中に落下しても膨らんだりはしませんが、
何もせずに浮くことができるので、安全性は高いでしょう。

河川や海、湖などで水につかりながら行うウェーディングの釣りや、
波をかぶる可能性の高い磯や砂浜での釣りに適しています。

②自動膨張式
自動膨張式とは、センサー部分が水に反応すると、ガスによって膨張します。

水に反応するということは、大雨や波しぶきでも反応する場合もあるので注意が必要ですが、
万が一海に落下しても自動で膨張するので、手動式とは違い安心度は高いでしょう。

③手動膨張式
自動膨張式と同じく、
ガスを使用し膨らむタイプで、手でヒモを引くことにより膨張しますよ。

大雨でも波しぶきがかかっても自動膨張式とは違い、
勝手に膨張することがないので、
波をかぶりやすい船釣りや、雨の釣行などは手動膨張式をおすすめします!

「釣りスポット情報共有マップくん」紹介!

最後に、釣り人必須アプリ、
釣りスポット情報共有マップくん」を紹介させてください!

釣りスポット情報共有マップくん」は
GPS搭載で、現在地から釣り場までナビゲーション機能付きで、
あまり釣れないから、場所を変えたい時にも、簡単に釣り場が見つかりますよ。

また、
桟橋、人口磯、防波堤など釣り場形態を、絞り込んで検索可能です!

今回紹介した、ライフジャケットを、
釣り場に合わせて、用意すべきか参考になったら幸いです。

ぜひ「釣りスポット情報共有マップくん」をダウンロードしてみてくださいね!

ダウンロードはこちらから
Google play
App Store