「釣りスポット情報共有マップくん」が大活躍

「釣りスポット情報共有マップくん」が大活躍2

1979年から小学館『ビッグコミックオリジナル』で連載されている、
『釣りバカ日誌』をご存じでしょうか?

タイトルに釣りが入っている通り、釣り漫画です。

私は、『釣りバカ日誌』に影響を受けて、釣りを始めたくらい、
『釣りバカ日誌』には思い入れがあります。

そんな、大好きな漫画を紹介しようかと思いました!

「釣りスポット情報共有マップくん」が大活躍2

『釣りバカ日誌』はただの釣り漫画じゃない?

万年ヒラ社員(営業職)のサラリーマンであるハマちゃんこと浜崎伝助は、
上司の佐々木課長に教わった釣りにすっかりハマってしまい自他共に認める「釣りバカ」に。

ある日ハマちゃんは、ひょんなことから出会った、
「スーさん」という初老の男性を釣りに誘う事になります。

スーさんは、物腰柔らかく、笑顔よく似合う男性です。

ハマちゃんは、元々は釣りに興味は無く
上司の佐々木も認めるほど普通に仕事をこなす社員でした。

良くも悪くも、仕事を淡々とこなすだけ、
無趣味・如才などの面で同期から遅れをとっており、特に目立った様子はなかったのですが、
釣りに出会いハマちゃんの世界は広がっていくんです。

ここまで、聞くと「釣りに関係あるのか?」と疑問が浮かんでくるかもしれませんが、
釣りバカ日誌の良い所は、釣りだけではなく、個性あふれるキャラクター達も、
作品の良さを引き出してくれています。

先ほど紹介した、スーさんの正体が実は・・・
ハマちゃんが働いている会社の社長だったのです。

ハマちゃんは、自分の会社の社長の顔を覚えておらず、スーさんが社長と言う事に、全く気付かず、
スーさんは、ハマちゃんが会社の名前を出した時に、気づきます。

スーさんは、いつしか、自分が社長と伝えたら、今の仲が崩れてしまうんじゃないかと、
心配になり、自分の正体を明かさないような行動ばかりとるようになっていきました。

しかし、スーさんは意を決して、自分の正体をハマちゃんに伝えます
ハマちゃんは、スーさんの想定に反して、態度は全く変わりませんでした。

「仕事は仕事!プライベートはプライベート!釣り仲間じゃないか!」
とハマちゃんがスーさんに伝える場面で、私は感動しました。

「釣りスポット情報共有マップくん」が大活躍2

釣りの魅力を引き出してくれる、最高の漫画

ハマちゃんとスーさんは、変わらず仲よく釣りをしていきます。

川や海、船など、釣りに魅了された二人は、どんどん釣りにハマっていき
そんな二人の様子を見ていると、私も釣りをやりたい!と言う気持ちが溢れてきました。

初心者のハマちゃんを見ていたので、道具をそろえたり、
何が必要なのか。と、細かく教えてくれる漫画を真似して、釣り具を買いに行くことにしたのです。

それほど、私の人生に影響を与えた『釣りバカ日誌』は、今でも大切に本棚に並んでいます。

「釣りスポット情報共有マップくん」が大活躍2

百聞は一見に如かず

漫画を見ているだけでは、釣りのプロには、なれません。
細かく書いてある漫画でも、体験してみると、やはり違いは生まれます。

道具の選び方、餌の種類、網の大きさなど。一言に釣り具。と表現しても、
行く場所、天候、などにより、千差万別です。

さらに、道具を集めた所で釣りって何処で出来るのだろう・・・。
眉間にシワを寄せて、目を細めたのを覚えています。

釣り具屋の若い店員さんに、オススメスポットを聞くと、
「移動場所によっても、違うので何とも言えません」
と言い放った後に、携帯の画面を見せてくれました。

釣りスポット情報共有マップくん」があれば、全国の釣りスポットがわかりますよ。
と、スマホのアプリを紹介してくれたんです!

私は、すぐにダウンロードし、開いてみると、
現在地から近い釣りスポット、さらに、家の近く、公園など。
沢山の釣りスポットが出てきました。

さらに、口コミでは「スズキが釣れるので、網必須です」など、
実際に行った人からの、コメントが書かれていたんです。

現地についてから、長靴が必要だった!などの、小さな忘れ物も無くなりそうですね!

ハマちゃんに影響を受けた私は、「釣りスポット情報共有マップくん」を活用し、
次の休みから、楽しい釣りライフを開始する事が出来ました!

良ければ、「釣りスポット情報共有マップくん」をダウンロードして、
素敵な釣りライフを送ってくださいね!

ダウンロードはことらから
Google play
App Store

「釣りスポット情報共有マップくん」が大活躍2