「釣りスポット情報共有マップ」で挑戦!サビキ釣りの魅力

「釣りスポット情報共有マップ」で挑戦!サビキ釣りの魅力

地元の友人達と釣りを楽しむyoutuberに憧れて、
キャンプに行ったときの楽しみのひとつとして、
大物を釣ったワクワク感を体験してみたい!

など、釣りを初めたい理由は様々ですよね。

しかし、いきなり上達して沢山の魚が釣れるわけではありません。
誰もがみな初心者!

果敢に大物を狙いに大海原へ!の前に、初心から学んでいきましょう。
最初に、釣れる楽しみを覚えると、どんどんはまっていくはずです。

今回は、初心者の方でも、
簡単に始めやすい、「サビキ釣り」を紹介します!

サビキ釣り」は、
「サビキ」という名前の魚がいてそれを釣るわけではありません。
仕掛けの名前、釣りの仕方の名前ですよ。
(私も、最初は勘違いをしていました、、)

私の釣り経験を活かし、まとめていきます!
「釣りスポット情報共有マップ」で挑戦!サビキ釣りの魅力

どんな釣りなのか

サビキ釣りとは、
一つの仕掛けに、針が6本ほどついていて、
それぞれの針に、ゴムや魚の皮で出来た疑似餌が取り付けられています。

アミエビという小さなエビを撒くことで魚を寄せ
その疑似餌がついた針に食いつかせて釣る方法です。

釣りの餌と聞くと、
生きた小エビとか、にょろにょろ動くミミズみたいなものを想像しませんか?

生きたエサは結構ハードルが高いですよね。

しかし、サビキ釣りでは、生きたエサを使いません!

針に疑似餌が付いているから、
餌を針につける必要すらないので、とても簡単です!

そこに魚さえ泳いでいれば、
驚くほど簡単に釣れる釣り方なんです!

必要なもの

先ほど説明したサビキ仕掛けを、
竿につけて釣りをすることが出来ます。

まず竿がないと、釣りはできませんね!
釣り具屋には、竿リールがセットになった
サビキ釣りセット」が必ずといっていいほど、陳列されていますので、
初めはここから始めるのがおすすめです。

もう少し耐久性が欲しい等でてきますが、
初めのうちは種類がおおく困惑するので、徐々にカスタマイズしていきましょう。

クーラーボックスも、釣った魚の鮮度を保つために必須ですよ。

また、サビキ釣りは、餌を撒いて魚をおびき寄せる釣り方なので、
どうしても、自分自身も釣り場も汚れてしまいます。

釣り場は公共の場ですので、地面を掃除しましょう。

バケツに水を汲んで、ジャバーと散らばった餌を海に流して、お掃除完了です。

私も、初めは掃除の仕方がわからず、
堤防で釣りをしている人たちを見て、マナーを学びました。

バケツ一つあれば、
簡易的に汚れた手を洗うのにも使えます

魚の一時的な保管場所にもなりますよ。
「釣りスポット情報共有マップ」で挑戦!サビキ釣りの魅力

サビキ釣りにおすすめの場所

「サビキ釣り」は、川より海の方がつれやすく、堤防をおすすめします。

堤防は、
フラットで滑りにくい状態で、
海面を覗くと魚が見えるので、いやすく初心者にピッタリです。

深い水深で、潮の流れが直接当たっていることもあり、

そういう場所には、数多くの魚が集まってきますよ。

堤防にもいろいろなタイプがありますが、フェンスがないところが多いです。

足を踏み外して、海に落ちる可能性もあり、
自分の身を守るためにも、ライフジャケットは着用してくださいね。

「まず堤防がどこにあるのかわからない。」
「行ったとしても、釣りをしていい場所か不安。」と最初は思いますよね。

私は「釣りスポット情報共有マップくん」を使って、釣り場を探しています。

現在地地名検索絞り込み検索できますので、
初心者から上級者まで、自分にあった釣り場を見つけられますよ。

最初はどこで釣っていいかわからなかったので、
このアプリが大変役に立ちました!「釣りスポット情報共有マップ」で挑戦!サビキ釣りの魅力

堤防で釣れる魚

サビキ釣りで釣れる代表的な魚は、
回遊魚であるアジサバイワシの3種類です。

本格的につれ始めるのは、ゴールデンウィークを過ぎてからで、
季節が進むにつれて、少しずつ回遊魚が釣れ始めますよ。

春から秋にかけて、季節ごとに釣れる魚はことなりますが、
一年中を通して、通して釣れる魚もあります。

やはり極寒の2月3月は厳しいですが、
堤防から釣れる魚は、だいたい美味しい魚ばかり!

アオリイカ、カワハギ、ブリ、サワラ、黒鯛、、、
自分で釣った魚を自分で調理して食べれるのは、最高の体験ですね。

私が活用しているアプリ
釣りスポット情報共有マップくん」では、
釣りスポットが、マップ上にピンで立っており、
そのピンをタップすると、そこの釣り場の詳細がわかり、釣れる魚の欄もありますよ。

釣果記録を残しているユーザーもいるので、参考にしています。

釣り人必須のおすすめアプリ

初心者におすすめの、「サビキ釣り」を紹介しました。

これから始めたい人は特に、
釣り場がわからない」「何かあったときに行けるよう、釣り具屋の近くにしたい
と不安点があると思います。

私も活用しているアプリ「釣りスポット情報共有マップくん」は、
そのような不安を解消してくれるアプリですよ。

現在地から釣り場を探し出し、
目的地までナビゲーションをするマップアプリなので、
近くの、釣り具屋や、駐車場等も把握ができます。

また、釣り場の詳細欄には、ユーザーの口コミもあり、
沢山釣れる場所釣りを禁止されている場所も教えてくれる、便利なアプリです。

ぜひ、これから釣りを始める方は、
ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

ダウンロードはこちらから
Google play
App Store「釣りスポット情報共有マップ」で挑戦!サビキ釣りの魅力