銭湯・温泉はルールを守って気持ちよく使いましょう♪

皆様、温泉・銭湯・サウナに行っていますかーー!!??

今日も整ってますかーーー!!

いえーい!

私にはいえーいの声が聞こえてきましたよ。

そう本当に湯船やサウナは気持ちいいですよね。

そこで今回は更に皆様が気持ちよく使える為に温泉・銭湯のマナーやルールをご案内致します。

既にそんなの知っているよ!という方も大勢おられるかと思いますが、実際トラブルが多かったりしますし、知らないという方もいるかもしれませんし再度のご案内になります。

Let’sチェキラ!!

基本編

服や荷物はロッカーへ

手荷物や脱いだ服はきちんとたたんでロッカーへ入れ、カギはなくさないように注意してください。コインロッカーの場合のために小銭もあると便利です。

大声での会話に注意

おしゃべりの音量や内容にもご注意を。聞くつもりがなくても会話の内容が耳に入ってしまいます。
のんびりと疲れを癒しに来ている人も大勢いらっしゃいます。
サウナ室の中でもご注意を。

場所取りをしない

洗い場に自分の入浴グッズを置いて場所取りをすることはマナー違反です。混んでいるときは尚更ですね。銭湯や温泉は個人のものではありません。みんなの施設です。荷物置き場所がある場合はそちらに置きましょう。

濡れたまま脱衣所を歩き回らない

濡れたままではすべって危険ですし、不潔に感じます。
脱衣所に入る前にタオルでしっかり水気を拭き取りましょう。

ツバ タンを吐かない。

当たり前ですね。でも時々見かけます。不衛生なことはやめましょう。

入浴編

かけ湯をしましょう

湯船に入る前にはしっかりかけ湯をしてから入りましょう。
見ていないようで他人はよく見ているものです。
また、他の人にお湯がかからないように注意をしてください。

ヒートショック防止にも有効ですね。自分の身は自分でまもりましょう。

湯船にタオルを入れない

湯船にタオルを入れて洗ったり、腰にタオルを巻いての入浴などはNG。
いくら洗濯したてのきれいなタオルでも他人は不快に感じます。頭の上にタオルを置くのはOKらしいです。

子供から目を離さないでください

銭湯で事故が起きたら大変です。湯船も家庭の風呂より深い(約90cm)です。
また、走って転んだら大変危険です。
湯船で泳いだり飛び込んだりも大変危険な行為です。

小便オシッコはしない。

当たり前のことですが、時々いるそうです。オシッコはトイレでしましょう。もちろん大便は絶対だめですよ。(笑)

洗い場編

使った物は元の位置に

自分で使った洗面器や椅子は髪の毛や泡などをちゃんと流し、元の位置に戻しましょう。
他人の髪の毛や石鹸の泡などは不潔に感じるものです。
またゴミなどもそのままにせずゴミ箱へ。

シャワーのしぶきにも注意を

他人のシャワーのしぶきがかかるのは不快なものです。
隣の人や後ろの人にも気をつけて下さい。とはいえお風呂で水やお湯はかかりますのでかけられても怒らないであげてください。優しく注意しましょう。

湯船を貸しきらない

学生さんや若い方や地元の仲間同士なのか見かけることがありますが大勢で湯船で長湯されると他の人が入れなくなってしまいます。他の方にも配慮しながら入浴しましょう。

サウナ編

身体を拭いてから入りましょう

サウナに入る前にはタオルでしっかり水気を拭き取りましょう。
びしょ濡れのままではサウナが水浸しになってしまいます。
ちょっとした気配りで周りの人も気持ちよく利用できます。

サウナを出た後はしっかり汗を流しましょう

サウナでしっかり汗を出した後は、その汗をシャワーなどでしっかり流しましょう。
汗をかいたまま水風呂への入浴は衛生的にも良くありません。おじさんがサウナから出てまま頭からジャブーンと飛び込むように入る人をよくみかけます。これ駄目ですね。顔や頭を湯船や水風呂につけるのもNGです。これもよく見かけます。

また女性目線でのマナー・ルールもございます。

 脱衣所で携帯を触るのはNG

銭湯で携帯やカメラ機能のついている機器を触ることは禁止されています。これは盗撮の心配なく、みんなが安心して銭湯に入るためのルールです。

携帯を見たいのであれば、脱衣所の外に出ましょう。

自宅のバスタイムで、スマホを見る習慣のある人は要注意! いつもの感覚で、温泉にスマホを持ち込むのは絶対にやめてください。本人にその気がさらさらなくても、さらに言えばカメラ機能なしのスマホであったとしても、スマホを持ち込むと、周囲の人から盗撮を疑われる恐れがあります。

それから、温泉に併設する洗面所での注意点ですが、メイク用品の持ち込みは、化粧水と乳液程度にとどめましょう。洗面所でフルメイクしようとすると、椅子を占領することになって、他の利用者の迷惑になる恐れがあるからです。

温泉は自宅とは異なるパブリックな空間であるという点をふまえて、持ち込み品には注意しましょう。

 髪の毛を湯船に浸けない

髪の毛を湯船に浸けるのもマナー違反です。髪の毛が長い人は束ねられる物を持参しましょう。

衛生上、温泉の湯船にタオルを浸けてはいけない、というルールはよく知られていますが、それと同様に、髪の毛も湯に浸けてはいけません。髪の長い人は、ゴムなどで結ぶか、タオルキャップをかぶるなどして、髪が湯に入らないようにしましょう。

自分の抜け毛を放置する

洗い場で洗髪したり、洗面所で髪をセットしたりする場合はもちろんのこと、そうでない場合も、温泉の利用において、自然と髪の毛が抜け落ちることはあるでしょう。

その際、「どうせ掃除の人がやってくれるから」と抜け毛を放置するのは、品格ある大人の女性としてふさわしくありません。他者への気配りの一環として、自分で気づく限りのものは、拾い集めて捨てるようにしましょう。

「髪染め」は厳禁

さすがにあまりいないと思いますし見たこともありませんが、温泉・銭湯の洗い場での髪染めは厳禁です。

周りに匂いの迷惑をかけるだけではく、温泉・銭湯の施設に色が移ってしまって大変な迷惑をかけることになります。

まとめ

ルール・マナーを守ってトラブルもないようにみんなで温泉・銭湯施設を気持ちよく使いましょう♪

銭湯・温泉探しにこのアプリが超絶便利です。地図上で温泉や銭湯が発見できるんです。

銭湯・温泉・日帰り温泉 レビュー情報共有マップくん

銭湯・温泉・日帰り温泉 レビュー情報共有マップくん

googleplayロゴ
apple storeロゴ
ウェブサイト版 https://share-map.net/sento/