新型コロナウイルスと闘いながら地域活性化に取り組む現在、温泉・銭湯情報共有マップくんはおすすめのアプリ

新型コロナウイルスと闘いながら地域活性化に取り組む現在、温泉・銭湯情報共有マップくんはおすすめのアプリ

2019年末に中国の武漢で発生した新型コロナウイルスは、日本の経済に打撃を与え続けています。2019年5月末に2万3300円ほどだった日経平均は、それから半年で約1500円も値を下げました。現在も特効薬は開発されておらず、新型コロナウイルスと共存する生活が求められています。ですから当然、経済は先行き不安な状況が続くでしょう。

地域活性化

そんななか少しでも愛着のある土地を元気にしようと、地域活性化に取り組む人たちもいます。たとえばこれまで外食産業に従事してきた人たちは、テイクアウトや通販で料理を提供しています。その材料に消費が激減した食材を使うことも珍しくなく、この状況下でも地域を活性化しようという心意気が感じられます。

経済活動の再開

緊急事態宣言化に行われたあるアンケート結果によれば、新型コロナウイルスの感染拡大が終息したらしたいことランキングの上位は、外食と国内旅行、ショッピングそしてレジャーだそうです。海外よりも国内を好む人が多いようですから、アピール次第で集客が望めます。
消費者目線から見れば、移動の距離や方法に制限があるぶん、情報収集を工夫しなければ生活を楽しむのが難しい状況です。外食先のコロナ対策や施設の営業時間など、しっかり調べなければなりません。

温泉や銭湯も解禁に

銭湯や温泉を楽しみたいなら、温泉・銭湯情報共有マップくんというアプリがおすすめです。サーチ対象は身近なスーパー銭湯や健康ランドはもちろんのこと、温泉がある宿泊施設や秘湯までです。ドライブ中に温泉に入りたくなったときや、日帰り旅行から宿泊に予定変更するときに便利です。料金や営業時間などの基本情報のみならず、泉質などの情報も詳しく載っています。さらにユーザーの口コミが豊富で、候補の絞り込みに役立ちます。

目的の温泉までナビ

目的の温泉までナビ
ナビゲーションはGPSを活用しています。なのでドライブ中にはカーナビとしても利用できます。くわえて徒歩や電車で移動するときにもガイドしてくれます。
新型コロナウイルスの影響で、少しずつ生活を変える必要がありますが、すべてを事前に準備して対応するのは困難です。ですから、どこにでも持ち歩けるスマートフォン・タブレット端末に入れるアプリを工夫するのは現実的な対策です。とりわけ楽しみや癒やしを重視するレジャーシーンでは、簡単にできる選択肢がいいでしょう。

温泉・銭湯情報共有マップくんは、入れておけばどこにいてもすぐに気持ちいいお湯が見つけられるから、レジャー環境が変わった現在にぴったりです。