世界でも使える「トイレ情報共有マップくん」

世界でも使える「トイレ情報共有マップ3

日本のトイレは世界でも誇れるほどの、トップクラスのトイレです。
日本人は綺麗好き。のイメージはトイレから来ていると言っても、過言ではないほど。
世界のトイレにも色々あります。
水が流れない、トイレの扉が付いてない、使用後のトイレを自分で洗うなど。
日本の優れているところは、公衆トイレ、トイレが外で無料で使える事です。
当たり前じゃないか。と思うかもしれませんが、
海外の特に観光地、台湾、ハワイ、イギリスなどでは有料のトイレがあります。
お金を払わないと使用できないトイレにはメリットがあります。
管理が行き届いているため、清潔さが保証されています。
トレイペッパーがあり、狭い個室トイレではないなど。
こう聞くと、日本のトイレがどれだけ使いやすく、綺麗なのかが分かりますね。

トイレが近い人におすすめのアプリ、トイレ情報共有マップくん

世界には、驚きのトイレがまだあった

冒頭でもトイレの話を少しだけしましたが、世界には驚きのトイレがまだ、あります。
カナダのトイレには、革張りのソファとテーブルが置いてあり
シャンデリアで飾られたトイレがありました。
さらに、パウダールームには、噴水があり、とてもゴージャスな作りです。

アラブ首長国連邦にあるトイレは、大理石を使用した一面ゴールドなトイレ。
置物からトイレットペーパーまで、すべてが一流です。
なんて言っても、世界で1つの7つ星ホテルですので、トイレも一味違いましたね!

アメリカのお洒落なトイレはというと、個室のトイレまで1本の長い道を歩きます。
モノトーンでクールなイメージのある廊下を渡り終わると
オレンジと黄色で統一された、パウダールームが。
ひまわりが置いてあり、タオルや備品まで細かく丁寧に置いてあります。
そして、1番感動したのが、光る自動手洗い器。
水はずっと流れており、紫色のライトに照らされて流れていました。

他には、木目調や、すべて石で出来ているトイレ、
天井には、水槽があり魚が泳いでいるトイレまで。
やっぱり、世界は広いですね。

世界でも使える「トイレ情報共有マップ2

日本にも世界一のトイレがあった?!

千葉県市原市にある飯給駅の先にあります。
駅から15分ほど歩くと、黒い大きな壁が見えてきました。
「トイレ情報共有マップくん」で確認すると、日本一広いトイレ。と記載されており
GPS機能を使ってみても、この黒い壁の中にあるようです。
さらに、黒い壁に近づいてみると、黒い壁の正体は、
黒さ2m程の黒い杉丸太が隙間なく並べられており、中が全く見えませんでした。
ここがトイレ?と疑いつつ、入り口を探すために、壁沿いを歩いていると
突然扉が現れました。そして、扉の左上には、女性トイレのマークが。
本当にあった、トイレが本当にあった。
外見からでは、トイレとは分からない作りのトイレ。
恐る恐る、中へ入ってみる事に。
草原というより、お花畑に近いような。間違えたかもしれないと不安になりつつも、
道なりに歩いていると、その先には、トイレがありました。

全面ガラス張りの個室のトイレが設置されていました。
トイレから周りを見渡すと、広さ200㎡もありそうな、
とても、とても、広い花畑でした。
そんな花畑の真ん中にトイレが1つ。今までに経験したことがない、
解放感であふれているトイレ。
個室のトイレは、綺麗で設備が整っていました。
さらに、ガラス張りで心配だったのですが、よく見るとカーテンがついていました。
これなら、心配な人はカーテンを閉めて、利用できますね。

 

誰でも使える簡単アプリで迷子にならずトイレに行ける

綺麗なトイレの噂を聞いて、探し回っていましたが、
やはり土地勘が無いとトイレ探しは難しかったです。
そこで、私が使っていたのは、「トイレ情報共有マップくん」でした。
GPS機能付きで、迷子にならず、最寄りのトイレから
ウォシュレット、パウダールームの有無なども記載してくれる、便利なアプリです。

旅行先などでトイレに困った事があると思います。
皆さんも、ぜひ、「トイレ情報共有マップくん」を使ってみてくださいね!

世界でも使える「トイレ情報共有マップ1